吉田正尚が待望の今季初アーチ! オリックスが埼玉西武に2連勝

2022.4.17(日) 16:09 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・吉田正尚選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・吉田正尚選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月17日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと埼玉西武の第6回戦は、4対3でオリックスが勝利し、カード勝ち越しを決めた。

 オリックスの先発・山崎颯一郎投手は初回、2死から3番・オグレディ選手に被弾し、1点を先制される。4回表には、1死満塁から6番・中村剛也選手の犠飛で1点を失うも、なおも2死1、3塁のピンチでは、牧野翔矢選手を3球三振に仕留め、最少失点で切り抜ける。続く5回表に、先頭の8番・愛斗選手を右飛に打ち取ったところで降板。後を受けた山田修義投手は、四球を与えながらも無失点で抑えた。

 打線は4回裏、3番・紅林弘太郎選手が四球で出塁すると、4番・吉田正尚選手に待望の1号2ランが生まれ、試合を振り出しに戻す。さらに5回裏には、伏見寅威選手、紅林選手の安打などで2死1、3塁とチャンスメイク。ここで、吉田正選手が適時内野安打を放ち、勝ち越しに成功した。

 6回裏は、2死1塁から伏見選手の安打と盗塁で2死2、3塁の好機を得ると、1番・佐野皓大選手がライト前へ適時打を運び、貴重な1点を追加。ところが7回表、2イニング目の3番手・バルガス投手が愛斗選手に1号ソロを被弾し、スコアは4対3に。1点リードの最終9回表は、守護神・平野佳寿投手が先頭の柘植世那選手に四球を与えるも、3人で抑えて試合終了。

 勝利したオリックスは、山崎颯投手が5回途中4安打1本塁打1四球3奪三振2失点の内容。打線では、吉田正選手が今季初アーチを含む2安打3打点、伏見選手が3安打猛打賞の活躍。本日復帰を果たした佐野皓選手は、貴重な追加点を挙げた。

 一方惜敗した埼玉西武は、先発のエンス投手が5回途中4安打1本塁打3四球4奪三振3失点。オグレディ選手、愛斗選手に一発が生まれたものの、あと一歩及ばなかった。

  123456789 計
西 100100100 3
オ 00021100X 4

西 ●エンス-宮川哲-水上由伸-平良海馬
オ 山崎颯一郎-○山田修義-バルガス-ビドル-S平野佳寿

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】吉田正尚 目覚めの一発は同点弾!
【動画】佐野皓大が貴重な追加点を放つ
3安打猛打賞の活躍!伏見寅威をチェック
パ・リーグ6球団公式サービス「パ・リーグ Exciting Moments β」新たな動画ラインナップを販売開始!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM