山岡泰輔が6回0封! 杉本裕太郎、福田周平のタイムリーでオリックスが連敗ストップ

パ・リーグ インサイト

2022.4.16(土) 17:15

オリックス・バファローズ・山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月16日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと埼玉西武の第5回戦は、3対0でオリックスが勝利。連敗を「2」で止めた。

 オリックスの先発は山岡泰輔投手。初回、鈴木将平選手と岸潤一郎選手の連打で1死1、3塁のピンチを招いたが、呉念庭選手を三振に仕留めると、盗塁を狙った岸選手も2塁で刺して無失点で切り抜ける。以降も得点圏にランナーを背負いながらも要所を締め、スコアボードに「0」を並べた。

 山岡投手を援護したい打線は5回裏、ラベロ選手が7球粘って四球を選ぶと、安達了一選手が安打で続く。すると杉本裕太郎選手が7試合ぶりの安打を放ち、先制に成功する。さらに福田周平選手にも適時三塁打が生まれ、この回3点のリードを奪った。

 山岡投手は6回まで無失点ピッチングを続け、リリーフ陣も埼玉西武打線を抑え込む。最終回は守護神の平野佳寿投手が登板し、テンポよくアウトを重ねると、最後は栗山巧選手が放ったセンターへのフライを、ルーキーの渡部遼人選手がフェンスにぶつかりながら好捕し、3対0で試合終了。

 勝利したオリックスは、先発の山岡投手が6回97球6安打2四球5奪三振無失点と好投し、球団新記録となる自身本拠地9連勝を達成した。打線では福田選手がマルチ安打の活躍。杉本の一打も勝利へとつながった。一方敗れた埼玉西武は、先発の隅田知一郎投手が6回100球4安打2四球5奪三振3失点の内容。打線は得点圏にランナーを進める場面も多々あったが、あと一本が出なかった。

  123456789 計
西 000000000 0
オ 00003000X 3

西 ●隅田知一郎-十亀剣-佐々木健
オ ○山岡泰輔-村西良太-ビドル-S平野佳寿

文・北村彩実

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
山岡泰輔の動画/記事/成績をチェック
【動画】杉本裕太郎 7試合ぶりの安打は先制タイムリー
【動画】福田周平のタイムリー3ベース
【動画】牧野翔矢が福田周平の盗塁を阻止

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE