ロメロが7回無失点の熱投! 益田直也が通算600試合登板をセーブで飾り千葉ロッテが勝利

2022.4.12(火) 21:14 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・ロメロ投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・ロメロ投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月12日、ビッグNスタジアムで行われた福岡ソフトバンクと千葉ロッテの第4回戦は、3対0で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテ先発のロメロ投手は、安定したピッチングで福岡ソフトバンク打線を次々と打ち取り、初回からアウトの山を築く。5回裏には、1死1、2塁とピンチを招くも、続く打者を併殺打に打ち取り、無失点で切り抜けた。その後も快投を続け、7回3安打無失点に抑えて後続にマウンドを託す。

 試合が動いたのは9回表。先頭の藤原恭大選手が出塁し1死3塁とすると、レアード選手が先制の適時打を放つ。なおも2死1、2塁のチャンスで、山口航輝選手が適時二塁打を放ち、3対0と突き放した。そして9回裏を託されたのはNPB通算600試合登板となる守護神・益田直也投手。走者を塁に出すも、無失点に封じ3対0で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテは、先発・ロメロ投手が7回87球3安打無失点の好投。連続無失点イニングを「17」に伸ばすとともに、防御率をリーグ2位となる0.45とした。また、打線では、レアード選手が決勝適時打でリーグ単独1位の10打点目を記録した。

 一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発・田上奏大投手がプロ初登板を6回途中2安打無失点の好投で飾るも、打線が沈黙した。

  123456789 計
ロ 000000003 3
ソ 000000000 0

ロ ロメロ-○西野勇士-S益田直也
ソ 田上奏大-津森宥紀-嘉弥真新也-又吉克樹-●森唯斗-藤井皓哉

文・村井幸太郎

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】レアード 均衡を破る先制タイムリー!
【動画】山口航輝 2点タイムリーで突き放す!
【動画】プロ初登板の田上奏大が初回を無失点で切り抜ける!
公式YouTubeチャンネルにも「伝説」生まれる。佐々木朗希の完全試合が急上昇独占

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM