福岡ソフトバンク、柳田悠岐は左肩腱板炎 栗原に続く離脱となれば大打撃に

2022.4.6(水) 22:10 Full-Count
福岡ソフトバンク・柳田悠岐※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)
福岡ソフトバンク・柳田悠岐※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

6日に福岡市内の病院でMRI検査を受診

 福岡ソフトバンクは6日、柳田悠岐外野手が福岡市内の病院でMRI検査を受け、左肩腱板炎と診断されたと発表した。明日以降については状態を確認して判断するとしている。

 柳田が5日のオリックス戦で二塁へヘッドスライディングをした際に左肩を負傷。6日のオリックス戦前に行われた練習には参加せずに病院で検査を受けていた。同戦ではベンチ入りメンバーには名前を連ねていたものの、欠場した。

 福岡ソフトバンクはレギュラーの栗原陵矢外野手が前十字靭帯断裂の重症を負って戦線を離脱。柳田まで離脱となれば、チームにとって大打撃となりそうだ。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER