【ファーム】王彦程が5回1失点と好投するも終盤に勝ち越され東北楽天の連勝は「9」でストップ

2022.4.6(水) 15:42 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・王彦程投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・王彦程投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月6日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアムで行われた東北楽天と巨人のイースタン・リーグ公式戦、第2回戦は3対7で東北楽天が敗北した。

 東北楽天の先発・王彦程投手は、1回表、2死1、3塁のピンチを招くと、石川慎吾選手に適時打を浴び1点を失う。

 しかし直後の1回裏、先頭の吉持亮汰選手が安打で出塁し、1死3塁の好機をつくると、前日にサヨナラ打を放った黒川史陽選手の連日の適時打ですぐさま同点に追いついた。

 先制を許した王投手だったが2回以降は持ち直す。緩急をつけたテンポのよい投球で相手打線を抑え、5回6安打3奪三振1死球1失点の投球内容で降板した。

 こう着状態が続いた試合は7回表、3番手・福山博之投手が無死満塁のピンチを招くと、岸田行倫選手の適時打などで2点を失い勝ち越しを許す。9回表には4番手・石田駿投手がとらえられ、重信慎之介選手らに計3本の適時打を浴び4点を失った。スコアは7対1と6点差で9回裏へ。

 逆転したい打線は、2番手・山口俊投手の前に1死1、2塁の好機をつくると、江川侑斗選手、柳澤大空選手の連続適時打で2点を返す。なおも2死2、3塁と好機は続いたが、後続が倒れ7対1で試合終了。

 敗れた東北楽天は先発の王投手が5回1失点と好投するもリリーフ陣が踏ん張れず7失点。一方打線は1回裏に黒川選手が適時打、江川選手が3安打を記録したが、巨人の先発・高橋優貴投手を打ち崩すにはいたらなかった。

  123456789 計
巨 100000204 7
楽 100000002 3

巨 ○高橋優貴-山口俊
楽 王彦程-寺岡寛治-●福山博之-石田駿

文・鈴木竜雅

関連リンク

【動画】黒川史陽 同点の適時打を放つ!
【動画】江川侑斗の気迫のこもった好プレー!
【ウィークリーファーム2022 #3】吉川雄大が好投を見せる!
「開幕1番」を務めた6名の選手にかかる期待とは?

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM