【ファーム】戸川大輔が値千金のサヨナラ弾! 埼玉西武・西口文也監督が初勝利

2022.3.21(月) 16:32 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・戸川大輔選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・戸川大輔選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月21日、CAR3219フィールドで行われた埼玉西武と千葉ロッテのイースタン・リーグ公式戦第1回戦は、4対2で埼玉西武が勝利。西口文也二軍監督の初勝利を劇的なサヨナラ勝利で飾った。

 埼玉西武は2回裏、5番・川越誠司選手の安打をきっかけに無死満塁とすると、内野ゴロの間に1点を先制する。

 実戦初登板となった先発・スミス投手は、初回に154km/hを計測するなど直球を中心にカーブ、チェンジアップなども交え、3回無失点の好投。2番手・豆田泰志投手は6回表に1点、8回表に1点を失うも、6イニングを2失点でまとめた。

 打線は7回裏、相手投手のボークで一時勝ち越しに成功するも、ランナーを出しながらもタイムリーが生まれない展開が続く。2対2で迎えた9回裏も、2死満塁のチャンスを活かせず、試合は延長戦へ。

 埼玉西武は10回表、十亀剣投手が3者連続三振の投球で流れを引き寄せると、10回裏に1死1塁から途中出場の戸川大輔選手がサヨナラ本塁打を放ち、試合終了。

 埼玉西武は、来日初登板となったスミス投手が3回53球1安打3奪三振2四球無失点。2番手・豆田投手が6回107球6安打1四球6奪三振2失点と粘りの投球を見せた。また、ジャンセン選手が来日初打席で初安打を放った。

 一方、千葉ロッテは、イースタン初登板となった中森俊介投手が5回77球5安打1死球5奪三振1失点。菅野剛士選手が猛打賞の活躍だった。

  12345678910  計
ロ 0000010100  2
西 0100001002X 4

ロ 中森俊介-森遼大朗-八木彬-廣畑敦也-横山陸人-●東妻勇輔
西 スミス-豆田泰志-○十亀剣

文・岩井惇

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】150キロ台連発!スミスのピッチング
【動画】来日初ヒット!ジャンセンの打席
【動画】吉田裕太が同点打を放つ

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM