【ファーム】開幕投手・田上奏大が5回0封! 鷹が完封リレーで小久保裕紀新監督の初陣を白星で飾る

2022.3.18(金) 15:46 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・田上奏大投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・田上奏大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月18日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクとオリックスのウエスタン・リーグ公式戦第1回戦は、4対0で福岡ソフトバンクが勝利。小久保裕紀二軍監督の初陣を勝利で飾った。

 福岡ソフトバンクは初回、2番・明石健志選手が二塁打を放つと、4番・井上朋也選手の適時打で1点を先制。4回裏には四球と8番・笹川吉康選手の安打などで2死1、3塁から、ダブルスチールで1点を追加すると、1番・柳町達選手にも適時打が生まれ、序盤に3得点を挙げた。

 先発の田上奏大投手は、毎回のように走者を背負いながらも、要所で三振や併殺に仕留める投球を披露。6回表からは継投に入り、泉圭輔投手、板東湧梧投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑えると、7回裏には無死1塁から明石選手の安打に敵失策が絡み、1点を追加した。

 以降は8回表を重田倫明投手が無失点に抑えると、9回表は尾形崇斗投手が3者凡退で締め、4対0で試合終了。先発の田上投手が5回3安打3四球6奪三振無失点で勝利投手に。打線では柳町選手、明石選手が2安打をマークした。

 一方敗れたオリックスは、先発の東晃平投手が4回4安打4四球3奪三振3失点の内容。打線は1番・来田涼斗選手が2安打をマークするなど、上位打線が好機を演出したが、好機であと一本が出なかった。

  123456789 計
オ 000000000 0
ソ 10020010X 4

オ ●東晃平-横山楓-吉田凌-阿部翔太-黒木優太
ソ ○田上奏大-泉圭輔-板東湧梧-重田倫明-尾形崇斗

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

田上奏大の選手名鑑をチェック
【動画】井上朋也 同期を援護する先制タイムリー
【動画】渡邉陸、小林珠維のダブルスチール
【動画】柳町達のタイムリー

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM