愛斗が猛打賞&満塁弾! 北海道日本ハムの追い上げを振り切り埼玉西武が3連勝

2022.3.16(水) 16:15 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・愛斗選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・愛斗選手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月16日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と北海道日本ハムのオープン戦は、7対5で埼玉西武が勝利。チームは3連勝を飾った。

 埼玉西武の先発は、松本航投手。初回、味方の失策で出塁を許すと、近藤健介選手の適時二塁打で先制点を奪われてしまう。しかし直後の1回裏、1死1、2塁から山川穂高選手の適時打ですかさず同点に追い付く。なおも2死満塁と好機を広げた場面で、愛斗選手に満塁弾が飛び出し、一挙5得点のビッグイニングとなった。

 勢いの止まらない打線は5回裏、2死2塁と再び得点圏へ走者を進めると、外崎修汰選手が敬遠され1、2塁に。「いいかたちで打てた」と、呉念庭選手が直球を捉え、2点適時打とした。

 4回1失点で降板した松本投手に代わり、5回表から登板した與座海人投手は、水野達稀選手に初球を右翼席へ運ばれる。さらに、7回表には3連打などで3失点を喫し、2点差まで詰め寄られたが、そのまま9回表まで投げぬき、7対5で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、先発の松本航投手が4回2安打1四球6奪三振1失点(自責点0)。打線も好調で、満塁弾を含む猛打賞の活躍を見せた愛斗選手を筆頭に、得点を重ねた。一方、敗れた北海道日本ハムは、幸先よく先制したものの、オープン戦初登板に臨んだ先発の姫野優也投手が1回5失点。じわじわと追い上げたが及ばなかった。

 なお、初回に先制打を放った近藤選手だが、直後の守備からベンチに退いた。何らかのアクシデントが発生した可能性があり、状態が心配される。
 
  123456789 計
日 100010300 5
西 50002000X 7

日 ●姫野優也-生田目翼-長谷川威展-西村天裕-望月大希-杉浦稔大
西 ○松本航-S與座海人

文・吉村穂乃香

関連リンク

愛斗の動画/記事/成績をチェック
【動画】呉念庭の2点タイムリー
アニメ好きにオススメ!  西武線で行くベルーナドーム周辺観光スポット
来日叶わぬもチームとの距離つめた “国際部門スタッフからのメール” 公開

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM