北海道日本ハム新庄監督、初回から“大忙し” 先制打の近藤が即交代、守備陣をシャッフル

2022.3.16(水) 13:28 Full-Count
球審に選手交代を告げる北海道日本ハム・新庄剛志監督(手前)※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
球審に選手交代を告げる北海道日本ハム・新庄剛志監督(手前)※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

先制打の近藤が退き、水野が遊撃から中堅に移り石井が遊撃に入った

■埼玉西武 ー 北海道日本ハム(オープン戦・16日・ベルーナドーム)

 北海道日本ハム新庄剛志監督が16日、埼玉西武とのオープン戦(ベルーナドーム)で試合開始直後から慌ただしく動いた。1回表に先制二塁打を放った近藤健介外野手がその裏の守備から退き、遊撃で先発出場したドラ3ルーキー水野達稀内野手が中堅に移るなど“シャッフル”を敢行した。

 1回の守備に就く際、新庄ビッグボスが一塁ベンチを飛び出し、選手交代を審判に告げた。「4番・中堅」で出場し、先制の左中間適時二塁打を放った近藤がベンチに退き、水野が中堅へ。そして近藤に代わって石井一成内野手が遊撃のポジションに入った。近藤に何が起きたのか不明だが、試合直後から選手を大きく動かす新庄采配に球場はどよめいた。

記事提供:Full-Count

関連チーム記事/TEAM