千葉ロッテ佐々木朗、初実戦でいきなりプロ入り最速163キロ! 直球主体で2回2安打0封

2022.2.19(土) 13:16 Full-Count
北海道日本ハムとの練習試合に先発した千葉ロッテ・佐々木朗希※写真提供:Full-Count(写真:町田利衣)
北海道日本ハムとの練習試合に先発した千葉ロッテ・佐々木朗希※写真提供:Full-Count(写真:町田利衣)

160キロを連発、細川への5球目に163キロを計測

 千葉ロッテの佐々木朗希投手が19日、北海道日本ハムとの練習試合(名護)に先発し今季実戦初登板。初回にいきなり163キロをマークするなど、2回2安打無失点の快投を見せ降板となった。

 先頭の清水を151キロの直球でバットをへし折り遊ゴロ、今川は159キロの直球で二飛に抑える。続く細川への5球目には163キロをマークすると球場にどよめきが起きた。その後、細川には中前打を浴びたが、王を二ゴロに抑え無失点。2回は変化球を交えながらの投球。1死から野村に中前打を浴びたが後続を打ち取り無失点に抑えた。

 昨季は11試合に登板し3勝2敗、防御率2.27をマーク。楽天とのCSファーストステージでは第1戦の先発に抜擢され6回1失点、10奪三振の快投でチームの勝利に貢献した。高卒3年目を迎える今シーズンは開幕からのローテーション入りが期待されている。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER