ありがとう、鶴岡慎也。リーグ優勝7度・日本一4度の名捕手の功績を映像で振り返る

2022.1.27(木) 16:30 パ・リーグ インサイト 望月遼太
北海道日本ハムファイターズ・鶴岡慎也選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・鶴岡慎也選手(C)パーソル パ・リーグTV

北海道移転前のチームを知る、「最後の東京戦士」でもあった

 2021年12月13日、北海道日本ハムは鶴岡慎也選手が現役引退することを発表した。鶴岡選手はファイターズとホークスの2球団で、19年間にわたって捕手として活躍。ファイターズが東京に本拠地を置いていた2003年以前に入団した選手の中で、最後までNPBで現役生活を続けた、いわば「最後の東京戦士」でもあった。

 鶴岡選手はダルビッシュ有投手(現・パドレス)とバッテリーを組むことが多く、いわば「専属捕手」に近い立場にあった時期も。若き右腕が球界を代表するエースへと成長する過程において、呼吸ぴったりの女房役が果たした役割は大きなものがあった。

 今回は、そんな鶴岡選手の現役時代の功績を振り返るとともに、2014年以降における印象に残る活躍について、実際の映像をもとに見ていきたい。

若手時代は課題だった打撃も向上し、リーグ屈指の捕手として活躍を続けた

 鶴岡選手が一軍に初出場した2005年以降の、年度別成績は以下の通り。

鶴岡慎也選手 年度別成績(C)PLM
鶴岡慎也選手 年度別成績(C)PLM

 鶴岡選手は樟南高校から三菱重工横浜を経て、2002年のドラフト8巡目で日本ハム(現・北海道日本ハム)に入団。プロ入り4年目の2006年に76試合に出場して一軍に定着し、同年はチームも日本一に。その後も主戦捕手として活躍を続け、4度のリーグ優勝に貢献した。

 ファイターズでは2008年までは打撃力に長けた高橋信二氏、2009年以降は2016年にゴールデングラブ賞を受賞する大野奨太選手(現・中日)と、激しい正捕手争いを繰り広げた。そんな中でも、2009年から2013年の5年間で4度、100試合以上に出場。巧みなリードやブロッキング、高い捕球技術といった捕手としての能力を活かし、強豪へと成長したチームを支えた。

 デビュー当初は課題だった打撃面も、2013年に打率.295を記録するまでに向上。2009年にゴールデングラブ賞、2012年にベストナインと、捕手としての2つの勲章も受賞し、名実ともにリーグ屈指の捕手として認められる存在となった。

 2014年からはFA権を行使して福岡ソフトバンクに移籍したが、正捕手の座を確保することはできず。それでも、2014年に98試合、2016年に103試合に出場するなど、主戦捕手の一角としてプレーし、在籍4年間で3度の日本一を経験した。しかし、2017年には甲斐拓也選手の台頭もあって29試合の出場に終わり、再取得したFA権を行使。古巣の北海道日本ハムへと復帰した。

 復帰初年度は正捕手として101試合に出場し、ベテランらしい円熟味のあるプレーでチームのAクラス入りに貢献。ただ、同年オフに一軍バッテリーコーチ兼任となったこともあってか、2019年以降は出場機会が大きく減少。そして、40歳で迎えた2021年のシーズンオフに、19年間のプロ生活を終える決断を下している。


 ここからは、鶴岡選手の活躍を実際の映像とともに見ていきたい。

福岡ヤフオク!ドームでのサヨナラタイムリー(2014年7月4日)

9回裏 ホークス鶴岡がサヨナラタイムリー2塁打を放ち熱戦に幕!!

 2対2の同点で迎えた9回裏、1死1、2塁という状況で打席に入った鶴岡選手。2ストライク1ボールと追い込まれたものの、ここで甘く入ってきた球を逆方向に流して、ライト頭上を越えるサヨナラタイムリーを放ち、チームメイトと歓喜の抱擁を交わしている。

地元・鹿児島での凱旋タイムリー(2016年4月9日)

【8回裏】ホークス・鶴岡のタイムリーに故郷・鹿児島大熱狂!! 2016/4/9 H-Bs

 鶴岡選手が最初にFA移籍した福岡ソフトバンクは、故郷の鹿児島と同じ九州に本拠地を置くチーム。2016年の遠征試合で地元・鹿児島に凱旋した鶴岡選手は、8回表の守備から途中出場し、直後の8回裏に回ってきた打席では鮮やかな適時二塁打を記録。郷土のヒーローの活躍に、地元のファンからは大歓声が送られた。

相手の虚を突く見事なスクイズ(2016年7月26日)

【7回表】ホークス・鶴岡 相手の隙を突くスクイズで追加点!! 2016/7/26 E-H

 鶴岡選手は2021年終了時点で現役だった選手の中では9番目に多い、通算178犠打を記録したバントの名手でもある。失敗の許されないスクイズのサインに応え、きっちりと投手が捕れない位置に転がしたこのバントは、その高い技術の表れでもある。

西武ドームで4安打3打点の大活躍(2016年8月4日)

【9回表】ホークス・鶴岡が4安打3打点の大活躍!! 最終回にとどめを刺すタイムリー!! 2016/8/4 L-H

 この試合の鶴岡選手は2回に2死2塁から同点適時打を記録すると、4回には先頭でチャンスメイクの安打を放つ。1点リードの5回には点差を広げる適時打を打ち、9回にはダメ押しとなるライトオーバーの適時二塁打。敵地で4安打3打点の大暴れを見せ、チームの勝利に大きく貢献した。

首位攻防戦で延長10回に決勝打(2018年5月26日)

【10回表】劇的な首位攻防戦を制したのは… ファイターズのベテラン!! 鶴岡の勝ち越しタイムリー!! 2018/5/26 L-F

 ファイターズに復帰して最初のシーズンとなった2018年、チームは前評判を覆して序盤から優勝争いを繰り広げた。その原動力の一人となっていた鶴岡選手は、敵地で首位・埼玉西武と対戦した5月の試合で、延長10回に決勝の適時二塁打を記録。首位攻防戦でも大いに存在感を発揮し、正捕手として若いチームをけん引した。

ベンチ際での鮮やかなスライディングキャッチ(2018年9月5日)

【6回表】ベテランが魅せた!! ファイターズ・鶴岡 ベンチ際でナイスキャッチ!! 2018/9/5 F-L

 2死2塁のピンチを迎えたこの場面、鶴岡選手は自軍ベンチ前に上がったファウルフライを懸命に追いかける。さほど高く上がらなかったぶんだけ捕球は難しい打球だったが、ぎりぎりのところでキャッチしてアウトをもぎ取った。ピンチ脱出につながったベテランのファインプレーを間近で見ていたチームメイトも、そのガッツに沸き立っていた。

サヨナラ負けのピンチを阻止し、直後にダメ押しタイムリー(2020年9月26日)

鶴岡慎也 逸らしたら負け…気迫のキャッチング&ダメ押しのタイムリー

 同点で迎えた9回裏、2死満塁と絶体絶命のピンチを迎えた北海道日本ハム。ここで宮西尚生投手が投じたスライダーは外角に大きく外れてワンバウンドしたが、鶴岡選手が横っ飛びで好捕してサヨナラワイルドピッチを阻止。この大ピンチを凌いだ直後の10回表には、1点を勝ち越した直後に点差を広げる適時打を放ち、攻守で勝利に大きく貢献してみせた。

スタメン出場試合で盗塁阻止&チャンスメイク(2021年5月18日)

【鶴はセンネン】鶴岡慎也『攻守でベテランの味』【でも兼任】

 2021年4月に40歳を迎えた鶴岡選手だが、その実力は現役最終年も健在だった。この試合ではスタメン出場を勝ち取ると、3回に好送球を見せて盗塁を阻止。5回にはチャンスメイクの安打を放って犠飛で追加点のホームを踏むなど、攻守両面で存在感を発揮してみせた。

バスターでボール球を強引に振り抜いて二塁打に(2021年5月23日)

【超強引】ファイターズ・鶴岡『秘打・桜島大根切り!!』

 0対0で迎えた3回表、無死1塁の場面で打席に入った鶴岡選手。1点が欲しい場面とあってバントの構えを取るが、ベンチからの指示はバスターだった。ここで高めに抜けるボール球が投じられたが、鶴岡選手はバットを引いてから振り抜く。かなり強引なバッティングながら、打球はレフト頭上を越える二塁打となった。まさに意外性抜群のこの一打は、長い現役生活を通じて培ってきた、鶴岡選手の打撃センスの賜物と言えるかもしれない。

ベテランならではの高い技術と、勝利に対する貪欲な姿勢を持ち続けた名捕手

 今回取り上げた各種のプレーを見てみると、長年のプレー経験に裏打ちされた高い技術を感じさせるものに加えて、気迫を感じさせるようなものもまた多いことがわかる。それも、鶴岡選手が大ベテランになってからも攻守にわたってボールに食らいつき、最後までチームのために全力を尽くし続けたことの表れと言えよう。

 現役生活を通じて勝利に対する貪欲な姿勢を発揮し続け、通算7度のリーグ優勝と4度の日本一を経験した鶴岡選手。明るい性格と全力プレーでファンに愛された名捕手の活躍は、これからも映像と記憶の中に色濃く残り続けることだろう。

文・望月遼太

関連リンク

北海道日本ハム・鶴岡慎也の現役引退で“東京戦士”は0人に 2004年から北海道移転
35歳以上の現役パ・リーグ選手からベストナインを選出
北海道日本ハム・鶴岡慎也による「鶴の恩返し」が4年目に。3児父の「親子でキャッチボールをしてもらいたい」という思い
北海道日本ハム鶴岡慎也が模索する兼任コーチの在り方 改めて抱く恩師への尊敬の念
若き正捕手たちを支える第二捕手。パ・リーグ6球団の「控え捕手事情」

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM