埼玉西武、NPB通算172発セギノール氏が国際業務担当に就任「チーム強化に貢献したい」

2021.11.2(火) 15:11 Full-Count
現役時代のフェルナンド・セギノール氏※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)
現役時代のフェルナンド・セギノール氏※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

渡辺GMも期待「日本にアジャストする選手を見る目がある」

 埼玉西武は2日、NPB通算172本塁打をマークしたフェルナンド・セギノール氏と国際業務担当(駐米)における契約を結んだことを発表した。肩書は球団本部チーム統括部編成グループ国際業務担当となる。

 セギノール氏は2002年にオリックスでプレーし、その後は北海道日本ハム、楽天、2010年に古巣オリックスに復帰しNPB通算767試合に出場し打率.273、172本塁打483打点の成績を残した。

 球団を通じセギノール氏は「伝統ある埼玉西武ライオンズの一員となり大変光栄です。常勝チーム再建と日本一奪回を達成し、ライオンズファンの皆さまに喜んでいただくことが目標です。そのために中南米各国との関係強化、および選手発掘に尽力し、チーム強化に貢献したいと思います」とコメント。

 また、渡辺久信GMも「セギノールは、日本の野球を複数球団で経験していますし、よく日本の野球を理解しています。日本にアジャストする選手を見る目があると思いますし、その点からこのたびの契約に至りました。また彼はアメリカ、中南米に多くのパイプがあります。セギノールは、人間的にも大変すばらしいですし、そういったエリアの人たちともしっかりコミュニケーションを取りながら、ライオンズに貢献してくれると思います」と期待していた。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連チーム記事/TEAM