オリックスの山本由伸が今季4度目の完封で18勝目。15年ぶり史上8人目「投手5冠」が決定的に

2021.10.25(月) 21:00 Full-Count
東北楽天戦に先発したオリックス・山本由伸(画像:パーソル パ・リーグTV)
東北楽天戦に先発したオリックス・山本由伸(画像:パーソル パ・リーグTV)

18勝、防御率1.39、勝率.783、206奪三振、4完封でリーグトップ

■オリックス 4対0 東北楽天(25日・楽天生命パーク宮城)

 オリックスの山本由伸投手が25日、敵地での楽天戦(楽天生命パーク宮城)に先発。完封で今季18勝目をマーク。今季最終戦で球団新記録の15連勝を達成し、チームも25年ぶりのリーグ優勝へ望みをつなげた。

 これで今季は26試合に登板し18勝5敗、防御率1.39、206奪三振、勝率.783、4完封で全てリーグトップの成績。2006年の福岡ソフトバンク・斉藤和巳氏以来となる15年ぶり史上8人目の“投手5冠”が決定的となった。

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM