山本由伸が今季3度目の完封勝利で16勝目! オリックスが引き分け挟み6連勝

2021.10.2(土) 17:08 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山本由伸投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月2日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと福岡ソフトバンクの第22回戦は、6対0でオリックスが勝利した。

 オリックスは1回裏、3四球で1死満塁の好機を演出すると、モヤ選手が適時打を放ち1点を先制する。さらに紅林弘太郎選手の犠飛で1点を追加すると、なおも2死1、3塁からT-岡田選手に適時二塁打が飛び出し、4対0と初回から4点のリードを得る。

 2回裏には宗佑磨選手の安打などで無死満塁とすると、モヤ選手の併殺打の間に1点を追加。4回裏には1死満塁からモヤ選手に犠飛が生まれ、スコアを6対0とする。

 試合序盤から頼もしい援護を受けたオリックスの先発・山本由伸投手は、初回を3者凡退で抑えると、以降も凡打の山を築いて6回まで福岡ソフトバンク打線をノーヒットに抑える快投を披露。7回表に栗原陵矢選手にこの試合被初安打となる内野安打を許したものの、続く柳田悠岐選手を内野ゴロ、デスパイネ選手を併殺打に封じ、得点圏にも走者を進ませない。

 8回表は1死から今宮健太選手に安打を浴びるも、後続を2者連続三振を奪って流れは渡さず。最終回は、三森大貴選手、松田宣浩選手、栗原陵矢選手を内野ゴロに封じ、6対0で試合終了。

 勝利したオリックスは、先発の山本投手が9回115球2安打1四球8奪三振、今季3度目の完封勝利で16勝目をマーク。打線ではモヤ選手が2打点を挙げ、エースに援護を届けた。一方、敗戦した福岡ソフトバンクは、先発・C.スチュワート・ジュニア投手が0.2回43球2安打4四球4失点(自責点3)と崩れて試合をつくれず、打線もわずか2安打に倒れた。

  123456789 計
ソ 000000000 0
オ 41010000X 6

ソ ●C.スチュワート・ジュニア-大関友久-板東湧梧-田中正義
オ ○山本由伸

文・下村琴葉

関連リンク

試合の詳細はこちら
今季3度目の完封勝利!山本由伸投手をチェック
【動画】T-岡田選手 タイムリーツーベース!
2打点の活躍!モヤ選手の動画はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM