リチャード、今宮健太の一発で試合を決めた! 投打がかみ合った鷹がカード勝ち越し

2021.9.26(日) 16:36 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・リチャード選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・リチャード選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月26日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第23回戦は、4対1で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクの先発・笠谷俊介投手は走者を出しながらも無失点に抑える立ち上がり。4回表は、北海道日本ハム・近藤健介選手に先制の9号ソロを浴びるも、後続には3者連続三振と流れを渡さず。5回表を無失点に抑え、5回90球4安打8奪三振1四球1失点でマウンドを降りた。

 継投に入った福岡ソフトバンクは、6回表から2番手・松本裕樹投手が登板。この日本塁打を放っている近藤選手を前に走者を置いたが、ここを切り抜け1点差のまま試合を終盤へと進めた。

 追いかける福岡ソフトバンク打線は6回裏、この回先頭の栗原陵矢選手が二塁打を放つと4番・デスパイネ選手の適時打で同点とする。7回裏には、リチャード選手のレフトへの5号ソロで勝ち越しに成功すると、今宮健太選手にも1発が飛び出し、さらに1点を追加。

 鷹打線はなおも攻撃の手を緩めず、8回裏はリチャード選手の犠飛でリードを3点に広げた。援護を受けた投手陣8回表はモイネロ投手が3者連続三振を含む力投を見せると、9回表は森唯斗投手が3者凡退で抑え、4対1で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは先発の笠谷俊介投手が8奪三振の投球で最少失点にとどめ、試合を作った。2番手の松本裕樹投手が今季3勝目をマーク。打線は、要所を締める投球を見せていた加藤貴之投手を中盤に捉え同点に追いつくと、終盤にはリチャード選手と今宮選手の本塁打で勝利を手繰り寄せた。

 一方敗れた北海道日本ハムは拮抗した試合のなか、後を継いだ井口和朋投手が終盤に痛い1発を浴びた。打線も中盤以降、福岡ソフトバンクのリリーフ陣を前に好機を作れず。カード勝ち越しを決めることはできなかった。

  123456789 計
日 000100000 1
ソ 00000121X 4

日 加藤貴之-玉井大翔-●井口和朋-上原健太-鈴木健矢
ソ 笠谷俊介-○松本裕樹-モイネロ-S森唯斗

文・鈴木優菜

関連リンク

試合の詳細はこちら
笠谷俊介投手の選手名鑑
【動画】リチャード選手の勝ち越しソロ
今宮健太選手の動画/記事/成績をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM