【ファーム】銀次選手が2号3ラン!合計8得点を挙げた東北楽天が勝利

2021.9.25(土) 16:00 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・銀次選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・銀次選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月25日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と北海道日本ハムのイースタン・リーグ公式戦第15回戦は、8対5で東北楽天が勝利した。

 東北楽天は初回、小郷裕哉選手が7号ソロを放ち、幸先良く先制に成功する。続く2回裏には、武藤敦貴選手の三塁打や四球などで2死満塁とすると、押し出し四球や、藤田一也選手の2点適時打で3点を追加。なおも2死1、2塁の好機で、銀次選手に2号3ランが飛び出し、この回一挙6点を奪う。さらに3回裏には、小郷選手の適時打で1点を加えるなど、リードを8点に広げ、北海道日本ハムを突き放した。

 序盤から援護を受けた先発・涌井秀章投手は、初回から毎回走者を背負いながらも要所を締める投球で、3回まで無失点に抑える。しかし4回表、大田泰示選手の適時三塁打で1点を失うと、6回表には万波中正選手の16号2ランを浴び、6回7安打9奪三振3失点で降板。リリーフ陣に後を託した。

 5点リードで迎えた7回表は、牧田和久投手が得点圏に走者を背負いながらも無失点で切り抜けると、8回表は池田駿投手が3者凡退に抑える好投を披露。最終9回表は、石田駿投手がが、安打と味方の失策などで2死2、3塁のピンチを招くと、暴投や上野響平選手の適時打で2点を失い降板するも、代わった高田萌生投手が後続を打ち取って試合終了。8対5で東北楽天が勝利した。

 勝利した東北楽天は、藤田一也選手の2点適時打や、銀次選手の3ランなど合計8得点を挙げた。一方、敗れた北海道日本ハムは、打線が万波選手の16号2ランなどで合計11安打5得点と奮闘するも、先発・吉田輝星投手が2回6安打4奪三振4四球7失点と大きく崩れるなど、投打がかみ合わなかった。 

  123456789 計
日 000102002 5
楽 16100000X 8

日 ●吉田輝星-望月大希-高山優希-柿木蓮-姫野優也
楽 ○涌井秀章-牧田和久-池田駿‐石田駿‐高田萌生

文・鈴木竜雅

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

涌井秀章投手の特集動画はこちら
吉田輝星投手名鑑
【動画】銀次選手の2号3ラン
ファーム注目シーンを動画で
イースタン・リーグ個人打撃成績をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM