埼玉西武が逆転勝利。追撃弾の岸潤一郎は独立L出身日本人選手のシーズン最多本塁打記録を更新

2021.9.24(金) 21:46 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・岸潤一郎選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・岸潤一郎選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月24日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第20回戦は、5対4で埼玉西武が勝利。

 埼玉西武の先発は今井達也投手。初回から制球に苦しみ、2つの四球と暴投で2死1、3塁のピンチを招くと2本の適時打を浴び、2点を失う苦しい立ち上がり。2回表にも1死1塁から3者連続の四球を与え、押し出しで追加点を許してしまう。

 しかし打線は3回裏、2死1塁から2番・岸潤一郎選手がレフトへの9号2ランを放ち1点差に。4回表に安田尚憲選手の8号ソロを浴びるも、4回裏には先頭の4番・中村剛也選手のソロで流れを渡さない。さらに敵失と連打で2死満塁とし、1番・源田壮亮選手の左前適時打で試合を振り出しに戻した。

 5回裏には2死から5番・外崎修汰選手が四球を選んで出塁。盗塁に捕逸が絡んで3塁まで進むと、暴投の間に本塁生還した。埼玉西武が相手のミスを逃さず、ついに逆転に成功。

 7回表は増田達至投手、8回表には森脇亮介投手が登板し、それぞれピンチを背負うも無失点。最終9回表は平良海馬投手がマウンドへ上がる。先頭に四球を与え、1死3塁と同点のピンチを迎えるが、8番・藤岡裕大選手を空三振、代打・小窪哲也選手を左飛に打ち取って試合終了。虎の子の1点リードを守り抜いた埼玉西武が5対4で勝利した。

 勝利した埼玉西武は先発全員安打を記録。試合の流れを変える2ランを放った岸潤一郎選手は、独立リーグ出身日本人選手のシーズン本塁打記録を更新した。5年目の田村伊知郎投手がプロ初勝利をマーク。敗れた千葉ロッテは安田選手が本塁打を含む2安打2打点の活躍も、中盤のバッテリーミスが響いた。

  123456789 計
ロ 210100000 4
西 00221000X 5

ロ 二木康太-●田中靖洋-唐川侑己-国吉佑樹-小野郁
西 今井達也-○田村伊知郎-水上由伸-増田達至-森脇亮介-S平良海馬

文・森裕晃

関連リンク

試合の動画/データを詳しく
【動画】岸潤一郎選手 独立リーグ出身最多本塁打を更新する第9号アーチ
【動画】中村剛也選手 完ぺきにとらえた追撃の一発!
プロ初勝利!田村伊知郎投手の名鑑はこちら
【動画】今日2打点 安田尚憲選手のバックスクリーン弾

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM