島内宏明が勝ち越しとなる18号2ラン! 東北楽天が福岡ソフトバンクとの接戦を制する

2021.9.19(日) 16:18 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・島内宏明選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・島内宏明選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月19日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と福岡ソフトバンクの第18回戦は、4対2で東北楽天が勝利した。

 東北楽天の先発・岸孝之投手は、初回を3者凡退に抑えると、2回表には無死1、2塁のピンチを迎えるも、後続を断ち、無失点で切り抜ける。すると打線は2回裏、安打や四死球などで1死満塁のチャンスを作ると、押し出し死球で先制に成功。

 3回表に今宮健太選手の適時打で同点とされるも、5回裏、先頭の炭谷銀仁朗選手の3号ソロで、再びリードを奪う。しかし6回表、2死1、3塁から代打・松田宣浩選手の適時二塁打で再び同点とされ、岸孝之投手はここで降板。なおも2死満塁とピンチが続いたが、代わった安樂智大投手が抑え、勝ち越しは許さず。

 同点のまま迎えた7回裏、山崎剛選手の安打などで2死3塁とすると、島内宏明選手が18号2ランを放ち、勝ち越しに成功する。続く8回表は、宋家豪投手が無失点でつなぐと、最終9回表は、酒居知史投手が3者凡退で締めて試合終了。

 勝利した東北楽天は、好救援を見せた西口直人投手が今季4勝目。打線は、勝ち越し本塁打を放った島内選手が、リーグトップとなる85打点目を挙げる活躍を見せた。一方敗れた福岡ソフトバンクは、石川柊太投手が5回3安打4四死球2失点の内容。打線は9安打2得点と援護できず、接戦をものにできなかった。

  123456789 計
ソ 001001000 2
楽 01001020X 4

ソ 石川柊太-甲斐野央-●岩嵜翔-古谷優人
楽 岸孝之-安樂智大-○西口直人-宋家豪-S酒居知史

文・成田理亮

関連リンク

ハイライト動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】島内宏明選手の貴重な勝ち越し弾
松田宣浩選手名鑑
岸孝之選手の直近の成績はこちら
【動画】一時勝ち越しとなる本塁打を放った炭谷銀仁朗選手の特集動画をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM