今川優馬が地元北海道でプロ初安打の先制2ラン! 北海道日本ハムが連勝

2021.9.12(日) 17:10 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・今川優馬選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・今川優馬選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月12日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第20回戦は、3対0で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムの先発・立野和明投手は初回、3者凡退に抑える上々の立ち上がりを披露。すると2回裏、福岡ソフトバンクの先発・和田毅投手から4番・野村佑希選手が二塁打で出塁すると、6番・今川優馬選手のプロ初安打が本塁打となり、北海道日本ハムが2点の先制に成功する。さらに3回裏には、3番・高濱祐仁選手からも8号ソロが飛び出し1点を追加。スコアを3対0とし勝利を手繰り寄せる。

 その後、両チームとも無得点が続き迎えた7回表、四球などで1死1塁とした場面で、立野投手は救援陣にマウンドを託す。この回を堀瑞輝投手が危なげなく無失点で切り抜けると、8回表は井口和朋投手が1死1、2塁のピンチを迎えるも、2番・三森大貴選手に併殺打を打たせ、リードを死守。9回表は杉浦稔大投手が3人で締めくくり、北海道日本ハムが3対0で勝利した。

 勝利した北海道日本ハムは、先発・立野投手が序盤からテンポ良くアウトを重ね、6.1回93球2安打無失点で今季2勝目、本拠地初勝利を飾った。打線では今川選手から嬉しいプロ初本塁打が飛び出すなど、一発攻勢で試合の流れをつかみ、2連勝でカード勝ち越しを決めた。一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発・和田投手が5回4安打3失点の内容。打線も3安打と振るわなかった。

  123456789 計
ソ 000000000 0
日 02100000X 3

ソ ●和田毅-松本裕樹-笠谷俊介-板東湧梧
日 ○立野和明-堀瑞輝-井口和朋-S杉浦稔大

文・山本理絵

関連リンク

動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】今川優馬選手のプロ初安打はホームラン!
本拠地初勝利!立野和明投手をチェック
今季8号を放った高濱祐仁選手の動画はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM