マーティンが球団通算8000号! 益田直也も通算150セーブ達成で千葉ロッテが勝利

2021.9.8(水) 21:30 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・益田直也投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・益田直也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月8日、ほっともっとフィールド神戸で行われたオリックスと千葉ロッテの第18回戦は、4対1で千葉ロッテが勝利。終盤にかけて逆転し、首位奪還に成功した。

 千葉ロッテの先発・二木康太投手は、3回まで走者を許さない上々の立ち上がりも、4回裏に先頭の1番・来田涼斗選手に2号ソロを浴び先制を許す。一方の打線は5回まで無得点。しかし6回表に先頭の2番・角中勝也選手が安打で出塁し、1死1塁から4番・マーティン選手に適時二塁打が飛び出し1対1の同点に。試合は振り出しに戻った。

 そのまま同点で迎えた8回表、相手失策と四球により1死1、2塁の好機で再びマーティン選手に打席が回る。すると、降り抜いた打球は球団通算8000本塁打の25号3ランとなり、4対1と勝ち越しに成功。以降は8回裏を佐々木千隼投手が2つの四死球を与えるも無失点で切り抜け、9回裏は守護神・益田直也投手が3者凡退で締めて試合終了。益田投手は通算150セーブを達成した。

 勝利した千葉ロッテは、先発の二木投手が7回85球3安打5奪三振1失点の内容で今季5勝目。マーティン選手は本塁打含む2安打4打点の活躍で逆転勝利に導いた。敗れたオリックスは、先発・山崎颯一郎投手が6回102球1失点と粘投を見せるも、4番手の吉田凌投手が一発に泣き、打線も3安打のみと振るわなかった。

  123456789 計
ロ 000001030 4
オ 000100000 1

ロ ○二木康太-佐々木千隼-S益田直也
オ 山崎颯一郎-海田智行-比嘉幹貴-●吉田凌-K-鈴木

文・川邊理奈

関連リンク

動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】マーティン選手の球団通算8000号!
通算150セーブを達成した益田直也投手の成績はこちら
7回1失点の好投!二木康太投手をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM