楽天・島内、球宴MVP賞金の一部100万円を野球少年に寄付 「微力ではありますが」

2021.8.30(月) 14:30 Full-Count
楽天・島内宏明※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
楽天・島内宏明※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

宮城県スポーツ少年団野球協議会と石川県小松市の小松市少年野球連盟へ

 楽天は30日、「マイナビオールスターゲーム2021」第2戦(楽天生命パーク宮城)でMVPに輝いた島内宏明外野手が、賞金の一部を宮城県スポーツ少年団野球協議会と、自身の出身地である石川県小松市の小松市少年野球連盟へ、野球少年育成のため計100万円を寄付したことを発表した。

 島内は同戦で3安打3打点の活躍を見せMVPを獲得していた。球団を通じ「プロ野球選手になりたいと思う子どもたちが増えたらいいなという思いから、微力ではありますが、先日のオールスターゲームでいただいたMVPの賞金の一部を宮城県と地元の小松市の野球少年たちに寄付させていただきます。僕も、子どもたちに野球って楽しいなと思ってもらえるプレーができるように頑張ります」とコメントを発表した。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM