まさに七転び八起き。俊足だけじゃない荻野貴司のスゴさ

2021.8.14(土) 06:00 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・荻野貴司選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・荻野貴司選手(C)パーソル パ・リーグTV

 千葉ロッテの切り込み隊長として名高い荻野貴司選手。2009年ドラフト1位で千葉ロッテに入団すると「12球団で一番速い」とも評された俊足でプロ野球界に旋風を巻き起こした。今季は公式戦折り返し地点で打率をリーグ3位につけており、チームの切り込み隊長として打線をけん引。プロ12年目にしてますます存在感を強める荻野選手の魅力にあらためて迫りたい。

幾度となく襲ってくる怪我を乗り越えて

 荻野選手を語るときにいつもつきまとうのが“怪我”の話だ。ルーキーイヤーは46試合に出場し25盗塁と驚異の脚力を見せたが、右膝の半月板損傷で戦線離脱。その年千葉ロッテは日本シリーズ優勝を決めたが、胴上げの場に荻野選手はいなかった。その後も、肉離れ、ハムストリング損傷、脱臼と毎年怪我に苦しんだ。2017年のオフシーズンでは「怪我を0に」という願いも込めて背番号を「4」から「0」に変更するが、2018年には初のオールスター出場目前で右手を骨折し球宴出場辞退。涙を飲んだ。

 毎年のように怪我に見舞われるが、荻野選手は決して屈しない。特に「荻野選手らしさ」を表しているのは、右手骨折から復帰した2019年。プロ10年目にしてついに初の規定打席に到達すると、打率.315を記録し、埼玉西武・森友哉選手、オリックス・吉田正尚選手に続くリーグ3位に座る。10本塁打、28盗塁の活躍を見せ、ベストナイン、ゴールデングラブ賞も獲得するなど、キャリアハイの成績を残した。まさに「七転び八起き」を体現しているようだ。

怪我を乗り越えさらなる高みへ

 荻野選手といえばその俊足に注目されることが多いが、打撃面の才能も光る。前半戦終了した折り返し地点で、339打数(リーグ2位)、104安打(リーグ2位)、打率.307(リーグ3位)、56得点(リーグ2位)と各部門でトップ。得点圏打率は.323とバットを短く持ち、腰をくるっと回して打つ打撃スタイルで、日々快音を響かせている。

荻野選手の選手名鑑・成績はこちら

 身長172cmと野球選手にしては小柄ながらも、そのパンチ力は目をみはるものがあり、今季は3本の先頭打者本塁打を含む6本塁打を放っている。5月16日に佐々木朗希投手が初先発した際には、2番・マーティン選手とアベック弾を放ち、恐怖の1、2番コンビの存在感を知らしめた。

 35歳のベテラン選手となった荻野選手は、チームメートへのアドバイスも欠かさない。5月22日の試合では新助っ人のエチェバリア選手に打撃のアドバイス。アドバイスを受けたエチェバリア選手は直後の打席で二塁打を放った。

 今季は開幕を一軍でスタートすると、6月22日には球団史上初の12年連続の2桁盗塁を記録。プロ野球史上4人目の偉業を達成した。リーグトップクラスのバッティングに加えて、走力も衰えを知らず、ますます輝きを放っている。荻野選手が怪我なくシーズンを完走すれば、リーグ優勝を目指すチームへの貢献も大きなものとなるはずだ。荻野選手自身にとっても悲願の優勝に向け、走・攻・守の活躍でチームを先導できるか。スピードスターにさらなる期待が募る。

文・下村琴葉

関連リンク

周東佑京は時速〇〇km? モヤの身長は? 野球の数字を街なかのアレで例えてみると
故障リスクと背中合わせも「怖がったら悔いが残る」 千葉ロッテ荻野貴司の盗塁哲学
2分間の積み重ねを有効活用! 自宅観戦での一味違ったイニング間の過ごし方

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM