【ファーム】吉田輝星が6回6奪三振1失点で3勝目。投手陣の奮闘で北海道日本ハムが逃げ切り勝ち

2021.8.11(水) 16:13 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・吉田輝星投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・吉田輝星投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月11日、ロッテ浦和球場で行われた、千葉ロッテと北海道日本ハムのイースタン・リーグ公式戦第10回戦は、3対2で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムは3回表、1死1、3塁から松本剛選手の内野ゴロの間に先制に成功。続く清宮幸太郎選手の適時打で、さらに1点を追加する。直後の3回裏、先発の吉田輝星投手が加藤匠馬選手の適時打で1点を失ったが、4回表には宮田輝星選手に適時打が飛び出し、再びリードを2点に戻した。

 先発した吉田投手が6回3安打1四球6奪三振1失点の好投でマウンドを降りると、2番手には谷川昌希投手が登板。危なげなく2イニングを投げぬき、3番手の鈴木健矢投手につなぐ。9回裏のマウンドを任された鈴木健投手は、内野手と外野手の間に落ちる不運な当たりで1失点を喫するも、続く打者を見逃し三振に打ち取り、3対2で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、吉田輝星投手が今季3勝目をマーク。序盤にリードを奪うと、3投手の継投で相手打線の反撃を振り切った。一方敗れた千葉ロッテは、小島和哉投手が5回7安打4奪三振3失点の内容。3者連続三振を奪ったハーマン投手、中村稔弥投手を筆頭に、5投手で14奪三振と投手陣が力投も、打線があと一歩及ばなかった。

  123456789 計
日 002100000 3
ロ 001000001 2

日 ○吉田輝星-谷川昌希-S鈴木健矢
ロ ●小島和哉-ハーマン-中村稔弥-フローレス-山本大貴

文・吉村穂乃香

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

吉田輝星投手の動画/記事/成績をチェック
清宮幸太郎選手の名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM