早川隆久が5回6奪三振1失点の好投も、打線がつながらず楽天が東京ヤクルトに敗戦

2021.8.4(水) 20:47 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月4日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と東京ヤクルトの「2021プロ野球エキシビションマッチ」は、0対2で楽天が敗戦した。

 楽天の先発・早川隆久投手は初回から2つの三振を奪うなど、順調な立ち上がりを見せる。3回表に塩見泰隆選手に先制の適時打を許すも、その回以外は毎回奪三振の好投で5回4安打6奪三振1失点にまとめて降板。降板後には、「全体的には自分の投球に集中できたし、次につながるピッチングができた。連打された時の間合いの使い方をもう一度確認してやっていきたい」と自身の投球を振り返った。

 一方の打線は初回の無死1、2塁の得点機を逃すと、以降は東京ヤクルト先発・サイスニード投手攻略の糸口をつかめず。走者を出しながらも好機を拡大できずに1点ビハインドのまま試合は後半へ突入する。

 楽天は6回表から登板した西口直人投手が2者連続三振含む3者凡退で締めると、7回表は福井優也投手が1死満塁のピンチを無失点で切り抜ける。しかし8回表、現在16登板連続無失点と好調の安樂智大投手が1死3塁のピンチを招き、犠飛で1失点を喫した。

 2点を追いかける打線は、2回以降得点圏に走者を進めることができず。9回裏も3者凡退で試合終了。楽天は投手陣が好投を見せるも、打線がつながらず3連勝とはならず。茂木栄五郎選手が2安打で奮闘するも、3併殺打が響いた。

  123456789 計
ヤ 001000010 2
楽 000000000 0

ヤ サイスニード-大下佑馬-坂本光士-大西広樹
楽 早川隆久-西口直人-福井優也-安樂智大-宋家豪

文・小野寺穂高

関連リンク

早川隆久投手の動画/記事/成績をチェック
茂木栄五郎選手の名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM