サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

T-岡田、佐野如一に一発が生まれるも反撃及ばず。オリックスが惜敗

2021.7.28(水) 21:33 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ T-岡田選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ T-岡田選手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月28日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと東京ヤクルトの「2021プロ野球エキシビジョンマッチ」は、3対4でオリックスが敗戦を喫した。

 オリックス先発の増井浩俊投手は初回、東京ヤクルト3番・坂口智隆選手に適時打、続く4番・オスナ選手に2ランを浴び、3点を先制される。不安定の残る立ち上がりとなったが、2回裏は3者凡退、3回裏も無失点に凌ぎ安定感を取り戻す。4回裏、松本友選手にソロ本塁打を浴びるも、5回裏は3人で抑えこの回でマウンドを降りた。

 追いつきたいオリックス打線は2回以降、毎回出塁し好機を作るも、得点につなげることができず前半を終える。しかし無得点のまま迎えた6回表、2死からT-岡田選手が本塁打を放ち1点を返すと、7回表には佐野如一選手の一発でさらに1点を追加。直後の8回表には、無死から田城飛翔選手が安打で出塁すると、今試合本塁打を放っているT-岡田選手が適時二塁打を放ち、1点差に詰め寄った。

 一方のリリーフ陣は6回裏から2番手・飯田優也投手、3番手・吉田一将投手が無失点でつなぐと、8回裏を海田智行選手が3者凡退に抑えて最終回の反撃を待つ。9回表は、代打・中川拓真選手から始まり、上位打線にも回る好打順だったが杉山晃基投手の前に3人で倒れ、3対4で試合終了。

 オリックスは、先発の増井投手が、5回85球5安打5奪三振2四死球4失点と流れをつくることができず。 打線はT-岡田選手が本塁打を含む3安打2打点、佐野如選手にも本塁打が生まれるなど終盤に追い上げを見せたが、あと一歩届かなかった。

  123456789 計
オ 000001110 3
ヤ 30010000X 4

オ 増井浩俊-飯田優也-吉田一将-海田智行
ヤ 高橋奎二-高梨裕稔-杉山晃基

文・鈴木優菜

関連リンク

2試合連続本塁打の活躍を見せたT-岡田選手を動画から
終盤の追い上げへ流れをつくった飯田優也投手の選手名鑑をチェック
本塁打を放った佐野皓大選手の動画/記事/成績はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM