サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

【ファーム】首位攻防第2Rは千葉ロッテが勝利! 安田尚憲がソロ本塁打含む2打点の活躍

2021.7.24(土) 16:21 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・安田尚憲選手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月24日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと楽天のイースタン・リーグ公式戦第16回戦は、5対1で千葉ロッテが勝利し、首位を堅持した。

 千葉ロッテの先発・鈴木昭汰投手は、初回から四球で走者を許すも無失点の立ち上がり。2回表には無死1、2塁のピンチをしのぐと、以降も毎回走者を出しながら粘り強い投球で楽天打線を5回4安打無失点に封じ込める。

 打線は3回裏、無死1、3塁の好機をつくると、小川龍成選手の併殺打の間に1点を先制。4回裏には安田尚憲選手に1号ソロが飛び出し、追加点を挙げる。さらに5回裏、1死満塁から松田進選手、安田選手の連続適時打で3点を加え、楽天を突き放した。

 鈴木投手が5回無失点で降板し、6回からは継投へ。移籍後初登板となった2番手・国吉佑樹投手が和田恋選手に6号ソロを浴びて4点差に詰め寄られたものの、横山陸人投手、土居豪人投手がリードを守り抜き、5対1で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、2安打1本塁打2打点の活躍を見せた安田選手、3安打を記録した藤原恭大選手を中心に、チーム全体で10安打。中盤に5得点を奪い、そのまま逃げ切った。一方敗れた楽天は、7回表以外は毎回走者を出したが、打線がつながらず。和田選手の6号ソロによる1得点にとどまり、連勝は「6」でストップした。

  123456789 計
楽 000001000 1
ロ 00113000X 5

楽 ●王彦程-藤平尚真-津留崎大成-高田萌生
ロ ○鈴木昭汰-国吉佑樹-横山陸人-土居豪人

文・吉村穂乃香

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

ファーム注目シーン
本塁打含む2安打2打点!安田尚憲選手をチェック
3安打を放った藤原恭大選手のプレーを動画で

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM