サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

正念場を迎えた安田、這い上がってきた藤原… 千葉ロッテ井口監督の巧みな若手育成法

2021.7.28(水) 16:24 Full-Count
37勝34敗12分けの3位で折り返した千葉ロッテの前半戦をおさらい※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
37勝34敗12分けの3位で折り返した千葉ロッテの前半戦をおさらい※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

シーズン中に2件のトレード成立&元中日のロメロを獲得

 今季前半戦を37勝34敗12分けで終えた千葉ロッテ。開幕から5連敗とつまずきながら首位オリックスとは2.5ゲーム差の3位と、2005年以来16年ぶりパ・リーグ制覇を狙える位置につけた。就任4年目の井口資仁監督の選手起用、シーズン中に敢行した積極的な戦力補強などを振り返りながら、後半戦を占う。

 総得点384&74盗塁はリーグ1位で、チーム打率.250と81本塁打は同2位。アグレッシブな攻撃力が今季の千葉ロッテの特長だ。1番・荻野と3番・中村が固定され、シーズン序盤は2番を務めたマーティンが6月下旬からは4番に。5番レアードとつながる打線は迫力十分だ。

 一方で、井口監督は若手を積極的に登用。4年目の安田を5月下旬まで4番に据え、開幕戦には高卒3年目の山口を5番に抜擢した。しかし、結果が伴わなければ先発を外したり、2軍に落としたり、厳しさも見せ、成長を促している。

 エチェバリアが1軍復帰した7月5日からは三塁・藤岡、遊撃エチェバリアの布陣に。これによって安田は三塁の定位置を押し出された形となり、代打や指名打者での出場が続いた。前半戦の成績は打率.243(255打数62安打)、6本塁打、44打点と中軸打者としては物足りない数字。後半戦は正念場だろう。

 一方、3年目の藤原は4月22日に1軍を外れ、復帰したのは7月3日。その後は2番に定着して月間成績打率.400(35打数14安打)、2本塁打と気を吐いた。藤原に加えて安田が奮起すれば優勝へ大きく近付く。

 チームとして“本気度”もうかがえる。6月中旬に横浜DeNAとのトレードで有吉優樹投手を放出して国吉佑樹投手を、中日とのトレードで加藤翔平外野手を放出して加藤匠馬捕手を獲得した。さらに昨季まで中日でプレーした左腕エンニー・ロメロ投手を獲得。外国人枠争いも激化しそうだ。

 また、5月16日の埼玉西武戦で1軍デビューを果たした2年目の佐々木朗希投手は前半戦に計5試合登板。全て5回以上を投げ、ポテンシャルを示した。後半戦はさらなる飛躍が期待される。逆転優勝に向け、戦力は整えられている。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連チーム記事/TEAM