岸孝之が6回2失点の好投&島内宏明が3安打2打点の活躍で楽天が福岡ソフトバンクに勝利

2021.7.14(水) 21:46 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・島内宏明選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・島内宏明選手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月14日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと楽天の第14回戦は、4対2で楽天が勝利。接戦を制し、単独2位に浮上した。

 楽天は初回、四球や3番・浅村栄斗選手の安打などで1死1、2塁とすると、4番・島内宏明選手と5番・岡島豪郎選手の連続適時打で先制に成功。ゴロの間にも1点を追加し、初回から3点のリードを得る。さらに3回表、4番・島内選手に12号ソロが生まれ、スコアを4対0とした。

 頼もしい援護を受けた先発・岸孝之投手は、初回から走者を背負う場面がありながらも、冷静な投球で福岡ソフトバンク打線に付け入る隙を与えず。5回裏に、8番・松田宣浩選手に10号2ランを許したが、大きく崩れることなく6回5安打7奪三振2失点でマウンドを降りた。

 2点リードで迎えた7回裏は、2番手・安樂智大投手が3者凡退に抑えると、8回裏は、3番手・酒居知史投手が連打などで1死満塁のピンチを招くも、後続を2者連続三振に切って取り、無失点でつなぐ。最終9回裏は、守護神・松井裕樹投手が3者連続三振で締めて試合終了。4対2で楽天が勝利し、カード勝ち越しを決めた。

 勝利した楽天は、岸投手が6回5安打7奪三振2四球2失点で今季4勝目。打点リーグトップの島内選手が本塁打を含む3安打2打点の活躍で、岸投手を援護した。一方、敗れた福岡ソフトバンクは、先発・東浜巨投手が4回4安打3四球4失点(自責点3)と粘りきれず。打線も、8回裏の1死満塁の好機で無失点に終わるなど、精彩を欠いた。なお、松田選手が9年連続の2桁本塁打を達成している。

  123456789 計
楽 301000000 4
ソ 000020000 2

楽 ○岸孝之-安樂智大-酒居知史-S松井裕樹
ソ ●東浜巨-松本裕樹-嘉弥真新也-板東湧梧-モイネロ-岩嵜翔

文・後藤万結子

関連リンク

動画/ヒーローインタビューはこちら
打点リーグトップ!島内宏明選手の特集動画をチェック
今季4勝目!岸孝之投手の直近の成績はこちら
9年連続2桁本塁打達成!松田宣浩選手をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM