• TOP
  • ニュース
  • 田中将大が7回4安打1失点の好投で4勝目! 茂木栄五郎は3安打2打点の活躍

田中将大が7回4安打1失点の好投で4勝目! 茂木栄五郎は3安打2打点の活躍

2021.7.13(火) 21:42 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月13日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと楽天の第13回戦は、6対2で楽天が勝利した。

 楽天は初回、柳田悠岐選手の22号ソロで先制を許したが、2回表に岡島豪郎選手が二塁打を放ち出塁すると、続く茂木栄五郎選手が適時打を放ち、同点に追い付く。3回表には1死1塁の場面で、鈴木大地選手が6号2ランを放ち、勝ち越しに成功。4回表には茂木栄五郎選手の11号ソロで4対1と、3点のリードを得る。打った茂木選手は「打ったのはストレート。狙い球通りのボールがきてそのボールを一発で仕留めることができました。最高の結果になって良かったです」と振り返った。

 6回表には岡島選手と茂木選手の連打などで1死1、3塁から、炭谷銀仁朗選手の犠飛で1点を追加。7回表には浅村栄斗選手が10号ソロを放ち、リードを5点差に広げる。

 楽天先発の田中将大投手は初回に柳田選手に本塁打を浴びるも、以降は7回まで福岡ソフトバンク打線を4安打に抑え込む力投を披露。7回裏には2連打を浴び得点圏に走者を置いたが、川瀬晃選手を内野ゴロに打ち取り無失点に抑え込む。

 8回裏に登板した2番手・宋家豪投手は1死2、3塁の場面で栗原陵矢選手の内野ゴロの間に1点を失うも、後続を打ち取り最小失点で切り抜ける。最終回は松井裕樹投手が3者凡退で締め、6対2で試合終了。

 勝利した楽天は、田中投手が7回103球4安打8奪三振1失点の好投で4勝目をマーク。鈴木選手、茂木選手、浅村選手に本塁打が飛び出し、エースを援護した。一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発の石川柊太投手が3.0回73球4安打3四球4失点と粘りきれず。打線は6安打を放つも、つながりに欠け2得点に終わった。

  123456789 計
楽 012101100 6
ソ 100000010 2

楽 ○田中将大-宋家豪-松井裕樹
ソ ●石川柊太-尾形崇斗-田浦文丸-田中正義-大関友久

文・下村琴葉

関連リンク

動画/ヒーローインタビューはこちら
茂木栄五郎選手の動画/記事/成績はこちら
田中将大投手の直近の成績をチェック
柳田悠岐選手名鑑

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • TOP
  • ニュース
  • 田中将大が7回4安打1失点の好投で4勝目! 茂木栄五郎は3安打2打点の活躍