• TOP
  • ニュース
  • 投打かみ合い福岡ソフトバンクが連勝! 先発・レイが5回無失点で今季2勝目

投打かみ合い福岡ソフトバンクが連勝! 先発・レイが5回無失点で今季2勝目

2021.7.4(日) 21:49 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・レイ投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・レイ投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月4日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの14回戦は、5対0で福岡ソフトバンクが勝利。連日の投打かみ合った展開で、連勝を飾った。

 福岡ソフトバンクの先発・レイ投手は初回から走者を出しながらも、粘りのピッチングを披露。しかし、一方の打線も相手先発・池田隆英投手の前にチャンスを生かせず、序盤3回は両軍無得点で終わった。

 均衡が破れたのは4回表。福岡ソフトバンクは先頭の四死球から1死満塁と好機を拡大。するとこの絶好機に「食らいついていくことができました」と甲斐拓也選手の適時打で先制に成功する。さらに押し出し四球で1点を追加し、2点のリードを奪った。

 打線は5回表に明石健志選手の適時打、6回表にも柳田悠岐選手の適時打が生まれ、得点を重ねていく。援護をもらったレイ投手は4回以降相手打線を無安打に抑え、5回3安打4四死球7奪三振無失点と試合をつくり降板。6回裏からは継投策に入った。

 6回裏は石川柊太投手が今季初のリリーフ登板。この回を3人で抑えると、続く7回表に今宮健太選手が適時三塁打を放ちスコアは5対0に。石川投手は8回裏、1死を取ったところで嘉弥真新也投手に交代し、続く2者を嘉弥真投手が打ち取ってつないだ。9回裏は板東湧梧投手が締め、5対0で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは先発・レイ投手が「立ち上がりは良いところに投げようとし過ぎて上手く制球できなかったけど、しっかり立て直すことができたと思います。粘るべきところはしっかり粘ることができたし、4回5回は良い投球ができた。真砂、甲斐をはじめ、野手のみんなの守備に助けられました」と5回無失点で2勝目。打線も12安打5得点で、連勝を飾った。

 一方、敗れた北海道日本ハムは先発・池田投手が5回途中3失点と試合をつくれず。打線も相手投手陣の前に4安打に終わり、完封負けとなった。

  123456789 計
ソ 000211100 5
日 000000000 0

ソ ○レイ-石川柊太-嘉弥真新也-板東湧梧
日 ●池田隆英-井口和朋-公文克彦-宮西尚生-玉井大翔-秋吉亮

文・丹羽海凪

関連リンク

ハイライト動画/ヒーローインタビューはこちら
レイ投手の直近の成績
先制タイムリー!甲斐拓也選手をチェック
地元・沖縄で好投!嘉弥真新也投手の選手名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • TOP
  • ニュース
  • 投打かみ合い福岡ソフトバンクが連勝! 先発・レイが5回無失点で今季2勝目