• TOP
  • ニュース
  • 宮城大弥が自身4連勝&今季9勝目! 吉田正尚の勝ち越し打でオリックスが5連勝

宮城大弥が自身4連勝&今季9勝目! 吉田正尚の勝ち越し打でオリックスが5連勝

2021.7.4(日) 15:54 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 宮城大弥投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 宮城大弥投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月4日、メットライフドームで行われた埼玉西武とオリックスの第15回戦は、3対2でオリックスが勝利。オリックスはこれで同一カード3連勝、引き分けを挟んで5連勝とした。

 オリックスは初回、1番・福田周平選手がセーフティバントで出塁すると、1、3塁と好機を拡大し、併殺の間に1点を先制。先発・宮城大弥投手は2回裏に中村剛也選手、1点を勝ち越した3回裏には外崎修汰選手にソロ本塁打を浴び同点とされたが、後続をきっちり打ち取り逆転は許さず。すると同点で迎えた5回表、打線は2死1、3塁から吉田正尚選手の適時打で再び勝ち越しに成功する。

 宮城投手は8回裏、2死1、2塁とこの試合初めて2塁に走者を背負うも、後続を内野ゴロに抑えて8回5安打6奪三振2失点で降板。1点差のまま迎えた9回裏は平野佳寿投手が締め、3対2でオリックスが接戦を制した。オリックスは先発・宮城投手が8回5安打2失点の好投で自身4連勝の今季9勝目。打線も福田選手が2つのバントヒット含む3安打で2得点、宗選手が2安打1打点など、1・2番コンビの活躍が光った。

 一方、埼玉西武は先発・ニール投手が勝利ならずも7回8安打3失点の粘投。「1番・二塁」でスタメン復帰を果たした外崎修汰選手にも1号ソロ含む2安打が生まれた。しかし序盤に一発で同点に追い付くも、以降は宮城投手の前になかなかチャンスをつくれず。手痛い同一カード3連敗となった。

  123456789 計
オ 101010000 3
西 011000000 2

オ ○宮城大弥-S平野佳寿
西 ●ニール-ギャレット-水上由伸

文・丹羽海凪

関連リンク

詳細スコアはこちら
本日活躍した宮城大弥投手の特集動画をチェック
福田周平選手選手名鑑
本日本塁打!外崎修汰選手の動画/記事/成績はこちら
勝ち越し打を放った吉田正尚選手をパ・リーグ.comでチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM

  • TOP
  • ニュース
  • 宮城大弥が自身4連勝&今季9勝目! 吉田正尚の勝ち越し打でオリックスが5連勝