千葉ロッテ・小島和哉が7回2失点の好投で4勝目! マーティンはリーグトップタイの18号3ラン

2021.6.27(日) 17:35 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・小島和哉投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・小島和哉投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月27日、静岡草薙球場で行われた北海道日本ハムと千葉ロッテの第8回戦は、8対3で千葉ロッテが勝利。

 千葉ロッテは3回表、敵失や犠打などで1死2塁とすると、9番・高部瑛斗選手のセーフティーバントで1死1、3塁と好機を拡大。ここで1番・荻野貴司選手の2点適時三塁打が飛び出し先制に成功すると、続く2番・角中勝也選手にも適時打が生まれ、1点を追加。なおも死球などで1死1、2塁の場面、4番・マーティン選手がリーグトップタイとなる18号3ランを放ち、この回一挙6得点。序盤から北海道日本ハムを大きく突き放す。

 援護を受けた先発・小島和哉投手は初回から得点圏に走者を背負うも、後続を打ち取り無失点で立ち上がると、続く2回裏は3者凡退に抑える好投を披露。4回裏には、4番・近藤健介選手の適時二塁打で、6回裏には犠飛でそれぞれ1点を失うも、なんとか粘り7回5安打2失点の好投で救援陣にマウンドを託す。

 8回裏は東妻勇輔投手が、1死満塁のピンチを背負うも、渡邉諒選手を併殺打に打ち取り、無失点で切り抜けると、9回表は、田村龍弘選手、和田康士朗選手の連続適時二塁打で2点を追加。6点リードで迎えた9回裏は、小野郁投手が6番・万波中正選手の2号ソロを浴びるも、リードを守り切り試合終了。千葉ロッテが8対3で勝利した。

 勝利した千葉ロッテは先発・小島投手は7回5安打4奪三振2失点の好投で4勝目をマーク。打線もマーティン選手から6月4日ぶりの本塁打が飛び出すなど躍動し、勝率を5割に戻した。一方、敗れた北海道日本ハムの先発・加藤投手は、5回7安打2奪三振6失点(自責点5)の内容。打線も8安打3得点と好機を生かせなかった。2018年以来3年ぶりの開催となった静岡県での北海道日本ハム公式戦は、千葉ロッテの2連勝で幕を閉じた。

  123456789 計
ロ 006000002 8
日 000101001 3

ロ ○小島和哉-東妻勇輔-小野郁
日 ●加藤貴之-アーリン-秋吉亮

文・山本理絵

関連リンク

動画/データを詳しく見るならパ・リーグ.com
先制タイムリー3ベース!俊足巧打の荻野貴司選手をチェック
第18号3ランを放ったマーティン選手の動画/記事/成績
高濱祐仁選手名鑑
本日好投の小島和哉投手をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM