岡島豪郎の逆転打で楽天が連敗ストップ! 田中将大は6回4失点で3勝目をマーク

2021.6.23(水) 21:39 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・岡島豪郎選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・岡島豪郎選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月23日、メットライフドームで行われた埼玉西武と楽天の第10回戦は、6対4で楽天が逆転勝利。連敗を「7」で止めた。

 楽天は初回、先頭・小深田大翔選手が二塁打で出塁すると、2番・鈴木大地選手の適時打で幸先よく1点を先制。なおも無死1塁から3番・浅村栄斗選手に適時二塁打が生まれ、初回から2点のリードを奪う。

 すぐさま同点に追い付かれるも、4回表に茂木栄五郎選手の二塁打などで1死3塁の好機から、9番・太田光選手の適時打で勝ち越しに成功。打った太田選手は「勝たないと意味がないので勝てるように頑張ります」と真剣な表情で振り返った。

 先発の田中将大投手は、1回裏に3番・栗山巧選手の適時打で1点を失うと、2回裏には1番・金子侑司選手の適時打で同点に追い付かれる。再び勝ち越した直後の4回裏には、8番・愛斗選手、9番・柘植世那選手の連続適時打で勝ち越しを許した。

 打線は7回表、1死から3番・浅村栄斗選手が四球で出塁すると、4番・島内宏明選手も安打でこれに続き、1死1、3塁の好機を演出。ここで5番・岡島豪郎選手が適時三塁打を放ち、逆転に成功した。

 1点のリードを奪った楽天は、7回裏は2番手・酒居知史投手が3者凡退に打ち取ると、8回表に3番・浅村選手の犠飛で1点を追加。8回裏は3番手・宋家豪投手が無失点でつなぎ、最終9回裏は守護神・松井裕樹投手が走者を背負いながらも、最後は金子侑司選手をゴロに打ち取って試合終了。楽天が6対4で逆転勝利を収めた。

 勝利した楽天は、田中投手が6回8安打2四死球7奪三振4失点で今季3勝目。打線は初回からコンスタントに得点を重ね、合計14安打をマーク。小深田選手と岡島選手が猛打賞、茂木選手と太田選手がマルチ安打を記録している。一方敗れた埼玉西武は、プロ初先発の佐々木健投手が4回8安打2四球3失点と粘りきれず。打線は愛斗選手が3安打を放つなど計9安打4得点をマークしたが、5回以降は無得点に終わった。

  123456789 計
楽 200100210 6
西 110200000 4

楽 ○田中将大-酒居知史-宋家豪-S松井裕樹
西 佐々木健-水上由伸-十亀剣-武隈祥太-●渡邉勇太朗-ギャレット-森脇亮介

文・後藤万結子

関連リンク

試合の動画/データを詳しく見るならパ・リーグ.com
決勝タイムリー!岡島豪郎選手の特集動画はこちら
今季3勝目!パ・リーグ.comで田中将大投手の選手名鑑をチェック
本日猛打賞!愛斗選手の選手名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM