上沢直之が9回1失点で完投勝利! 淺間大基と石井一成の本塁打攻勢で鷹を下す

2021.6.18(金) 21:23 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・上沢直之投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・上沢直之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月18日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと北海道日本ハムの第10回戦は、2対1で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハム・上沢直之投手と福岡ソフトバンク・石川柊太投手の先発で始まった試合は、緊迫した投手戦となった。

 上沢投手は、4回裏まで福岡ソフトバンク打線を無安打に抑える力投を披露。5回に甲斐拓也選手に初安打を許すも、味方の好守もあり3人で攻撃を終わらせる。対する石川柊太投手も、3回表に2死満塁のピンチを迎えたが、王柏融選手を内野ゴロに打ち取り、スコアボードに0を並べる。

 試合が動いたのは5回表。北海道日本ハムの1番・淺間大基選手が変化球を捉え、1号ソロをライトスタンドへ運び込み1点を先制。さらに7回表には石井一成選手が3号ソロを放ち、スコアを2対0とする。

 頼もしい援護を受けた上沢投手は6回1安打の好投を続けていたが、7回裏に2死3塁の場面でボーク判定を受けて1点を献上。2対1と1点差に詰め寄られたが、8回裏には柳町達選手、今宮健太選手、松田宣浩選手を3者凡退に打ち取り、1点を守り切る。

 最終回も上沢投手がマウンドへ。1番・三森大貴投手の安打などで2死1、2塁と一打同点のピンチを背負うも、長谷川勇也選手を左飛に打ち取り、試合終了。2対1で北海道日本ハムが接戦を制した。

 勝利した北海道日本ハムは、先発の上沢投手が9回127球3安打5奪三振1失点の好投で完投勝利。淺間選手は1号ソロを含むマルチ安打を記録した。一方、敗戦した福岡ソフトバンクは先発の石川投手が6.0回112球6安打2奪三振4四球2失点も、打線の援護に恵まれず敗戦投手に。最終回に2死1、2塁と一打サヨナラのチャンスをつくったが決定打を欠いた。

  123456789 計
日 000010100 2
ソ 000000100 1

日 ○上沢直之
ソ ●石川柊太-嘉弥真新也-田浦文丸-津森宥紀

文・下村琴葉

関連リンク

6/18 イーグルス対バファローズ結果
6/18 ライオンズ対マリーンズ結果
【ファーム】6/18 ライオンズ対イーグルス結果
【ファーム】6/18 バファローズ対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM