【ファーム】先発・藤井聖が6回途中2安打1失点。救援陣も0封の好投も楽天が完封負け

2021.6.13(日) 17:06 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・藤井聖投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・藤井聖投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月13日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉にて行われた楽天と巨人のイースタン・リーグ公式戦、第11回戦は0対1で楽天が敗戦。

 楽天の先発・藤井聖投手は立ち上がりの1回表に1死満塁のピンチを招き、岸田行倫選手の犠飛で1点を失うが、最小失点にとどめる。その後は5回までわずか2安打に抑える好投を披露。6回表のマウンドにも上がったが、1死から2者連続の四球を出したところで降板し、5.1回2安打5四球4奪三振1失点で後続に託した。

 6回表の1死1、2塁から登板した寺岡寛治投手がこの回を無失点に抑えると、以降も救援陣が無失点リレーでつなぐ。しかし、一方の打線は相手投手陣の前に得点を挙げられず。8回裏には山崎剛選手、山崎真彰選手の連打で2死1、3塁の好機をつくるも、無得点に終わった。

 1点ビハインドで迎えた9回表は、池田駿投手が走者を出しながらも後続を打ち取る。9回裏には2死1、2塁とするもあと一本が出ず、0対1のまま試合終了。楽天は先発の藤井投手が6回途中1失点など、投手陣が3安打1失点に抑える投球を見せるも、打線が援護できなかった。

  123456789 計
巨 100000000 1
楽 000000000 0

巨 大竹寛-○桜井俊貴-S平内龍太
楽 ●藤井聖-寺岡寛治-渡邊佑樹-牧田和久-池田駿

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM