レイが8回1失点の好投&三森大貴が4安打の大暴れも、広島投手陣を捉えきれず引き分け

2021.6.10(木) 21:09 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・三森大貴選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・三森大貴選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月10日、PayPayドームで行われたホームとビジターの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第3回戦は、1対1の引き分け。投手戦の末、勝敗付かず今カードを1勝2分で終えた。

 福岡ソフトバンクの先発・レイ投手は、来日初勝利をかけて打たせて取る投球を披露。しかし3回表、8番・クロン選手のライトスタンドに飛び込む6号ソロで先制を許す。一方追い付きたい打線は、広島の先発・玉村昇悟投手から5回まで三森大貴選手の2安打のみに抑えられる展開に。

 打線は6回裏、先頭の三森選手がこの日3本目となる安打で出塁するが、後続が倒れ得点ならず。7回裏は、継投に入った広島の2番手・森浦大輔投手の前に3者凡退に倒れ、反撃の糸口をつかめない。

 レイ投手は追加点を与えずに8回表を投げ切ると、その裏に打線が奮起。先頭の甲斐拓也選手が安打で出塁し、犠打で1死2塁のチャンスをつくり、三森選手の適時三塁打で同点に追い付く。そのまま逆転といきたい打線は最終回、2死2、3塁と一打サヨナラのチャンスをつくるが広島・栗林良吏投手を打ち崩せず、1対1で試合終了。

 先発のレイ投手は8回99球、4安打無死四球7奪三振1失点の好投も、来日初勝利とはならず。打線は、1番・三森選手が4打数4安打1打点の大暴れで5試合連続安打を記録。なお、松田宣浩選手がパ・リーグ記録となる三塁手1775試合出場を達成している。

  123456789 計
広 001000000 1
ソ 000000010 1

広 玉村昇悟-森浦大輔-塹江敦哉-栗林良吏
ソ レイ-岩嵜翔

文・岡絃哉

関連リンク

6/10 ファイターズ対タイガース結果
6/10 イーグルス対ドラゴンズ結果
6/10 ライオンズ対ベイスターズ結果
6/10 マリーンズ対スワローズ結果
6/10 バファローズ対ジャイアンツ結果
【ファーム】6/10 イーグルス対ファイターズ結果
【ファーム】6/10 ライオンズ対スワローズ結果
【ファーム】6/10 ホークス対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM