和田毅が7回無失点の好投で今季4勝目! 福岡ソフトバンクが快勝でカード勝ち越し

2021.6.6(日) 18:01 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・和田毅投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・和田毅投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月6日、甲子園で行われた阪神と福岡ソフトバンクの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第3回戦は、8対3で福岡ソフトバンクが勝利。

 福岡ソフトバンクは1回表、阪神の先発・西純矢投手から先頭・三森大貴選手の安打と犠打で1死2塁とすると、3番・栗原陵矢選手の適時打で幸先よく1点の先制に成功する。さらに5番・真砂勇介選手の安打、四球で2死満塁と好機を拡大すると、7番・甲斐拓也選手が2点適時打を放ち追加点。初回から打線がつながり3点を奪う。

 先発・和田毅投手は、初回を3者凡退に抑える圧巻の立ち上がりを披露すると、3回まで2本の安打に抑え込み、得点を与えない。すると4回表、三森選手が敵失、盗塁で2死2塁とすると、2番・今宮健太選手の適時打で1点を追加。リードを4点に広げる。

 福岡ソフトバンク打線はさらに5回表、4番・柳田悠岐選手の安打、進塁打、四球などで2死1、3塁とすると、相手投手の暴投の間に3塁走者が生還。8回表にも甲斐選手の適時打、三森大貴選手の適時三塁打など一挙3得点でスコアを8対0とし、試合は一方的な展開に。

 8回裏、この回から代わった2番手・嘉弥真新也投手がマルテ選手に11号2ランを浴びるも、後続は板東湧梧投手が抑えて無失点でつなぐ。9回裏は泉圭輔投手が佐藤輝明選手に15号ソロを許したが、大差は変わらず福岡ソフトバンクが8対3で勝利した。

 福岡ソフトバンクは先発の和田投手が、7回4安打8奪三振無失点の好投で今季4勝目。熟練した投球術でチームを勝利に導いた。打線も8安打8得点とつながり、投打で圧倒した福岡ソフトバンクが敵地でカード勝ち越しを決めた。

  123456789 計
ソ 300110030 8
神 000000021 3

ソ ○和田毅-嘉弥真新也-板東湧梧-泉圭輔
神 ●西純矢-齋藤友貴哉-及川雅貴-石井大智

文・山本理絵

関連リンク

6/6 ジャイアンツ対ファイターズ結果
6/6 スワローズ対ライオンズ結果
6/6 ベイスターズ対マリーンズ結果
6/6 ドラゴンズ対バファローズ結果
6/6 カープ対イーグルス結果
【ファーム】6/6 マリーンズ対イーグルス結果
【ファーム】6/6 ファイターズ対スワローズ結果
【ファーム】6/6 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM