島内宏明の勝ち越し弾で楽天が4連勝! 先発・田中将大は6回3失点も勝敗つかず

2021.6.5(土) 17:35 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・島内宏明選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・島内宏明選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月5日、マツダスタジアムで行われた広島と楽天の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第2回戦は、7対3で楽天が勝利し、連勝を「4」に伸ばした。

 楽天は初回、先頭の小深田大翔選手が相手先発・森下暢仁投手から三塁打を放つと、内野ゴロの間に本塁に生還。幸先よく先制に成功する。

 初回から援護を受けた楽天の先発・田中将大投手は、1回裏に連打で無死1、3塁のピンチを招くと、3番・坂倉将吾選手の犠飛で追い付かれる。さらに2回裏には、6番・宇草孔基選手の1号ソロを浴び、あっさりと勝ち越しを許してしまう。以降は持ち直すも、6回裏に林晃汰選手の2号ソロで追加点を献上し、6回8安打3失点でマウンドを降りた。

 なんとか追い付きたい打線だったが、初回に1点を奪って以降、毎回走者を出しながらも、あと一本が出ない展開が続く。しかし7回表、7番・辰己涼介選手、8番・太田光選手の連続四球などで1死2、3塁の好機を得ると、内野ゴロの間に1点を追加。なおも2死3塁の好機で、2番・鈴木大地選手に適時打が生まれ、同点に追い付く。

 7回裏は安樂智大投手が無失点に抑えると、8回表、4番・島内宏明選手に8号ソロが生まれ、勝ち越しに成功。さらに、5番・岡島豪郎選手、代打・内田靖人選手の連打などで無死満塁とすると、8番・太田選手が見事スクイズを成功させ、1点を追加。続く村林一輝選手の2者連続スクイズに敵失が絡み、スコアを7対3とする。

 4点リードで迎えた8回裏は、3番手・宋家豪投手が得点圏に走者を背負いながらも無失点で切り抜けると、最終9回裏は、松井裕樹投手が危なげない投球で締めて試合終了。7対3で勝利した楽天は、先発・田中投手が6回8安打5奪三振2四球3失点の内容。打線は、中盤までつながりを欠いたものの、終盤に奮起し、見事な逆転劇を披露した。

  123456789 計
楽 100000240 7
広 110001000 3

楽 田中将大-○安樂智大-宋家豪-松井裕樹
広 森下暢仁-森浦大輔-●塹江敦哉-中田廉-島内颯太郎

文・後藤万結子

関連リンク

6/5 ジャイアンツ対ファイターズ結果
6/5 ベイスターズ対マリーンズ結果
6/5 ドラゴンズ対バファローズ結果
6/5 タイガース対ホークス結果
6/5 スワローズ対ライオンズ結果
【ファーム】6/5 マリーンズ対イーグルス結果
【ファーム】6/5 ファイターズ対スワローズ結果
【ファーム】6/5 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM