福岡ソフトバンクは後半戦に“上がり目”? 1軍復帰が待たれるパ球団の主力たち

2021.6.2(水) 09:00 Full-Count
福岡ソフトバンク・千賀滉大※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)
福岡ソフトバンク・千賀滉大※写真提供:Full-Count(写真:藤浦一都)

千賀をはじめ、主力が大量離脱している福岡ソフトバンク

 プロ野球は2年ぶりに開催された「日本生命セ・パ交流戦」の真っ只中。セ・リーグは阪神、パ・リーグは福岡ソフトバンクが首位に立っている。コロナ禍での紆余曲折はありながらも、各球団が50試合前後を消化し、ペナントレースも3分の1を過ぎた。

 各チーム、主力選手が奮闘する一方で、本来であれば1軍にいるべき選手が不在であるケースも。そこで、今後の各球団の“上がり目”となりうる、現在1軍に不在の主な主力選手を見てみよう。今回はパ・リーグだ。

【福岡ソフトバンク】
投手:千賀滉大、森唯斗、甲斐野央、高橋礼、レイ、モイネロ
野手:デスパイネ、グラシアル

【楽天】
投手:岸孝之、牧田和久
野手:藤田一也、ディクソン、カスティーヨ、銀次

【千葉ロッテ】
投手:石川歩
野手:田村龍弘

【埼玉西武】
投手:増田達至、小川龍也、ニール
野手:外崎修汰、源田壮亮

【オリックス】
野手:ジョーンズ

【北海道日本ハム】
投手:秋吉亮、公文克彦
野手:中田翔、中島卓也

 現在、首位に立つ福岡ソフトバンクだが、不在の主力選手が多い。エースの千賀は足首の怪我でリハビリを続けており、守護神の森は左肘の手術を受けて入院中。モイネロ、デスパイネはキューバ代表として五輪最終予選に参加しており、グラシアルは右手薬指の骨折などで、こちらもリハビリ組だ。

楽天・岸孝之※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)
楽天・岸孝之※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

楽天も岸や牧田、銀次らベテラン勢がファームで調整中

 コロナ禍で合流が遅れていた新助っ人のレイは、1日からの横浜DeNA3連戦でようやく1軍初登板を迎える見込み。甲斐野は右肘手術からの復帰を目指し、2軍戦に登板。不振の高橋礼はファームで再調整中だ。これだけの戦力を欠きながら、首位にいる福岡ソフトバンクはやはり厚い選手層を誇ると言えるだろう。

 福岡ソフトバンクを追う楽天はローテの一角を担うべき岸が登録を抹消中。今季は9試合に投げて2勝4敗、防御率4.47と不振が続き、再調整となった。ベテランの牧田や藤田、銀次らもファームで調整中。助っ人のディクソン、カスティーヨもおらず、この面々が1軍に復帰すれば、チームの層は厚くなりそう。

 埼玉西武は源田が新型コロナウイルスの陽性判定を受けて離脱。ニールも濃厚接触者として認定されて隔離されることになった。また、守護神の増田が不振、外崎も故障で離脱し、リードオフマンとして奮闘していたルーキーの若林も離脱。主力中の主力を欠いており、苦しい台所事情となっている。

 北海道日本ハムはチームの大黒柱の中田が2軍落ち。上位浮上のためには主砲の勝負強い打撃が不可欠で復帰が待たれる。また、昨季までクローザーを務めていた秋吉や公文、中島といったこれまでの主力がファームで調整中だ。

 主力の離脱が少ないのが千葉ロッテとオリックスか。千葉ロッテはローテの柱として期待された石川が不振で登録を抹消されている。正捕手の田村も故障で離脱。オリックスはジョーンズが不振で2軍落ちとなっているが、この2球団は主力の多くが戦線を離れることなく、1軍でプレーしている。

(Full-Count編集部)

記事提供:Full-Count

関連チーム記事/TEAM