五十幡亮汰が猛打賞の活躍も、3回以降得点できず北海道日本ハムが敗戦

2021.5.27(木) 21:06 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・五十幡亮汰選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・五十幡亮汰選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月27日、神宮球場で行われた東京ヤクルトと北海道日本ハムの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第3回戦は、2対5で北海道日本ハムが敗戦。カード勝ち越しを決めることはできなかった。

 試合は初回から北海道日本ハム打線が動く。1番・五十幡亮汰選手が二塁打、4番・近藤健介選手の四球で2死1、3塁とすると、続く5番・渡邉諒選手が適時打を放ち、幸先よく先制に成功する。2回表には、1死から石川亮選手が安打で出塁。打順は2巡目に入り、先程好機をつくった五十幡選手の適時打で、追加点を挙げる。

 一方の先発・池田隆英投手は1回裏に先頭打者を出すも、後続を併殺に仕留めるなど落ち着いた投球で立ち上がりを無失点に抑える。しかし3回裏、東京ヤクルトの1番・塩見泰隆選手に6号ソロを浴び、1点差に詰め寄られる。中盤5回裏には、2死から山田哲人選手の適時打で2点を献上、逆転を許した。その後は6回裏を3者凡退に抑えて6回105球5安打3四球3奪三振3失点(自責点1)の内容でマウンドを降りた。

 追い付きたい北海道日本ハムだが、尻上がりに調子を上げる東京ヤクルトの先発・奥川恭伸投手を前に、3回以降なかなか好機を得られず。1点を追う6回表に、近藤選手の二塁打で1死2塁と久しぶりの好機が訪れたが、後続が倒れて同点とはならなかった。

 池田投手の後を継いだ2番手・河野竜生投手は、7回裏を無失点に抑える。しかし、8回裏に登板した3番手・宮西尚生投手が1死2、3塁のピンチを背負うと、6番・青木宣親選手に適時二塁打を浴びて2点を失い3点差に。打線もクリーンナップを迎える9回表だったが、東京ヤクルトのマクガフ投手を前に出塁することができず、2対5で試合終了。

 北海道日本ハムは、先発の池田投手が6回5安打3失点(自責点1)の内容。粘り強い投球を見せたが、中盤の失点が重くのしかかった。打線は、五十幡選手が3安打猛打賞の活躍。しかし3回以降は先発・奥川投手をはじめ、東京ヤクルト投手陣に抑え込まれて追加点が遠い結果となった。

  123456789 計
日 110000000 2
ヤ 00102002X 5

日 ●池田隆英-河野竜生-宮西尚生
ヤ ○奥川恭伸-今野龍太-清水昇-Sマクガフ

文・鈴木優菜

関連リンク

5/27 ジャイアンツ対イーグルス結果
5/27 ベイスターズ対バファローズ結果
5/27 ドラゴンズ対ホークス結果
5/27 タイガース対マリーンズ結果
5/27 カープ対ライオンズ結果
【ファーム】5/27 イーグルス対ベイスターズ結果
【ファーム】5/27 ホークス対タイガース結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM