代打・長谷川勇也が同点の最終回に価値ある決勝犠飛! 終盤もつれた一戦は鷹が勝利

2021.5.19(水) 22:09 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・長谷川勇也選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・長谷川勇也選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月19日、メットライフドームで行われた埼玉西武と福岡ソフトバンクの第11回戦は、6対5で福岡ソフトバンクが勝利した。

 両チームともに守備の乱れから失点を許す立ち上がりとなったこの試合。ただ、埼玉西武・今井達也投手、福岡ソフトバンク・松本裕樹投手の両先発による粘りの投球もあり、1対1のまま3回を終えた。

 再び試合が動いたのは4回表。2死1塁から7番・甲斐拓也選手がレフト線を破る適時二塁打を放ち、2対1と勝ち越しに成功する。しかし直後の4回裏、松本投手が4番・中村剛也選手に3号ソロを浴び、試合は振り出しに。

 続く5回表、2死から周東佑京選手が内野安打で出塁すると、すかさず盗塁で2塁へ。ここで3番・栗原陵矢選手の内野安打が相手のミスを誘い、3対2と再び勝ち越しに成功。さらに1、2塁から、5番・中村晃選手が右中間を破る2点適時三塁打を放ち、5対2とリードを広げた。

 先発の松本投手は、再三のピンチを背負うも5回2失点(自責1)の粘投を見せ、継投策へ。6回裏は津森宥紀投手が若林楽人選手に適時打を許し、1点を返されたが、その後のピンチは嘉弥真新也投手が切り抜けた。

 しかし7回裏、4番手・泉圭輔投手が2四球と味方の失策で2死満塁の場面を迎えると、8番・愛斗選手に2点適時打を浴び、5対5の同点に。続く満塁のピンチは、若林選手を三振で切って取り、勝ち越しは阻止した。

 8回裏は岩嵜翔投手が無失点で抑えると、9回表に好機到来。先頭の8番・松田宣浩選手が二塁打を放つと、続く今宮健太選手の犠打で1死3塁に。ここで代打・長谷川勇也選手がレフトへ値千金の犠飛を放ち、6対5と貴重な勝ち越し点を奪った。9回裏はモイネロ投手がピンチを招くものの、無失点で締めて試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発・松本投手が5回104球5安打6奪三振3四死球2失点(自責1)で踏ん張るも、救援陣がリードを守れず。それでも勝ち越しは許さず、最終回の攻撃につなげた。一方敗れた埼玉西武は、先発・今井投手が7回125球5安打8奪三振4四死球5失点(自責3)の粘投。打線は終盤に一時追い付く意地を見せたが、あと一歩及ばなかった。

  123456789 計
ソ 010130001 6
西 100101200 5

ソ 松本裕樹-津森宥紀-嘉弥真新也-泉圭輔-○岩嵜翔-Sモイネロ
西 今井達也-平良海馬-●ギャレット

文・岩井惇

関連リンク

5/19 イーグルス対ファイターズ結果
5/19 バファローズ対マリーンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM