マルティネスが古巣相手に5回2失点で勝利! 上林誠知も3試合連続打点の鷹が2連勝

2021.5.15(土) 18:29 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・マルティネス投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・マルティネス投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月15日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第8回戦は、7対3で福岡ソフトバンクが勝利。福岡ソフトバンク打線が7得点を奪って援護し、投手陣も5人の継投で北海道日本ハム打線を3点に抑えた。

 福岡ソフトバンク打線は2回表、先頭の5番・長谷川勇也選手が安打で出塁すると、続く中村晃選手も四球を選び無死1、2塁の好機をつくる。ここで7番・明石健志選手が甘いボールをライトへ弾き返し、これが適時打となり先制。なおも無死2、3塁から、8番・上林誠知選手の二ゴロの間に3塁走者が生還する。続く9番・甲斐拓也選手にも適時打が生まれ、福岡ソフトバンクが3点のリードを奪った。

 打線は3回表、再び北海道日本ハムの先発・バーヘイゲン投手を攻め立てる。2死から4番・柳田悠岐選手が四球を選び、続く長谷川選手の内野安打、中村晃選手の四球で満塁の好機を演出。するとここで明石選手の押し出し四球、上林選手の変化球を上手く捉えた2点適時打で3点を挙げる。3回までに6点の猛攻でバーヘイゲン投手を降板させ、早くも試合の主導権を握った。

 古巣相手に初登板となった福岡ソフトバンクの先発・マルティネス投手は、球数が多くなりながらも緩急をつけた投球で3回まで無失点の好投。4回裏に王柏融選手の2号2ランを浴びたが、後続を抑え北海道日本ハムの反撃を許さなかった。中村晃選手の犠飛で1点を追加した直後の5回裏も3者凡退に抑え、5回4安打7奪三振1四球2失点と試合をつくってマウンドを後にし、試合は後半戦へ。

 継投に入った6回裏、マウンドに上がった嘉弥真新也投手は持ち前の巧みな投球で1イニングを無失点に抑える。続く7回裏には今季初登板の板東湧梧投手が石井一成選手に2号ソロを打たれ1点を失うも、続く打者を抑えこの回を1失点で終えた。以降は8回裏を岩嵜翔投手、9回裏を泉圭輔投手が無失点に抑え7対3で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは明石選手が1安打2打点、上林選手が1安打3打点と序盤から打線がつながりを見せ、7得点を奪った。先発・マルティネス投手も5回2失点と試合をつくり、7カードぶりのカード勝ち越しを決めた。一方、敗れた北海道日本ハムはバーヘイゲン投手が3回途中6安打6失点と炎上。前日に引き続き先発が踏ん張れず2連敗を喫した。

  123456789 計
ソ 033010000 7
日 000200100 3

ソ ○マルティネス-嘉弥真新也-板東湧梧-岩嵜翔-泉圭輔
日 ●バーヘイゲン-西村天裕-望月大希-宮西尚生-谷川昌希

文・巴 寛道

関連リンク

5/15 マリーンズ対ライオンズ結果
5/15 バファローズ対イーグルス結果
【ファーム】5/15 ファイターズ対ライオンズ結果
【ファーム】5/15 イーグルス対バファローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM