山岡泰輔が7回9奪三振0封。安田尚憲の同点3ランでオリックス対千葉ロッテは引き分けに

2021.4.16(金) 21:19 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月16日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテの第4回戦は、3対3で引き分けに終わった。

 オリックスの先発は山岡泰輔投手。初回から2三振を奪うなど、走者を背負いながらも2塁を踏ませない力投で4回までを無失点に。5回表に連打と犠打で1死2、3塁のピンチを招いたが、後続を連続三振に打ち取るなど、要所を締める投球を披露。7回5安打1四球9奪三振無失点の内容で降板した。

 一方の打線は2回裏、杉本裕太郎選手の2号ソロで1点を先制。以降は千葉ロッテ先発の二木康太投手を捉えきれずにいたが、7回裏に捉えた。敵失策と宗佑磨選手の安打で好機を得ると、吉田正尚選手、中川圭太選手の連続適時打で2点の勝ち越しに成功した。

 リードするオリックスは、8回表から漆原大晟投手が登板。先頭・荻野貴司選手の二塁打、中村奨吾選手の四球で1死1、2塁から、安田尚憲選手に初球のカーブを捉えられ、3号同点3ランを被弾。終盤に試合が振り出しに戻ると、以降は両チーム無得点に終わり、3対3で試合終了。

 オリックスは、先発の山岡投手が好投も、2番手・漆原投手が痛恨の同点弾を許した。打線では吉田正選手、杉本選手、中川選手が2安打1打点の活躍を見せた。一方の千葉ロッテは、二木投手が7回7安打3四死球4奪三振3失点の内容で降板。以降はリリーフ陣が無失点でつないだ。打っては安田選手が2安打3打点の活躍で、リーグトップの18打点をマークしている。

  123456789 計
ロ 000000030 3
オ 010000200 3

ロ 二木康太-田中靖洋-益田直也
オ 山岡泰輔-漆原大晟-ヒギンス

文・東海林諒平

関連リンク

4/16 ファイターズ対イーグルス結果
4/16 ライオンズ対ホークス結果
【ファーム】4/16 ライオンズ対スワローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM