【ファーム】打線振るわず鷹が3連敗。故障から復帰の先発・東浜巨は負傷降板

2021.4.2(金) 15:59 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・東浜巨投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・東浜巨投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月2日、タマホームスタジアム筑後で行われた、福岡ソフトバンク対中日のウエスタン・リーグ公式戦第1回戦は、2対4で福岡ソフトバンクが惜敗。打線がつながらず、引き分けを挟んで3連敗を喫した。

 福岡ソフトバンクの先発は、右肩不調などからの復帰を目指す東浜巨投手。今季初の実戦登板となったが、初回を打者3人で抑える上々の立ち上がりを見せる。しかし、2回表、5番・郡司裕也選手の打球が左足を直撃。12球で負傷交代となり、松本裕樹投手が2番手として緊急登板した。

 その松本裕樹投手は、急遽登板した2回表に3ランを浴びたものの、仕切り直した3回以降は追加点を許さず。4回まで投げ切ったところで降板した。後を引き継いだ奥村政稔投手も3イニングを無失点に抑えると、8回表には板東湧梧投手が登板。こちらも今季初の実戦に臨んだが、2死から連打で1点を失った。

 一方の打線は、中日投手陣を捉えきれない苦しい展開が続く。3回裏に川瀬晃選手が、8回裏には三森大貴選手が適時打を放ったが、反撃はここまで。2対4で福岡ソフトバンクが敗戦した。

 福岡ソフトバンクは、先発した東浜投手が打球を受けて降板する不運もあって中日に先手を奪われると、打線もチーム全体で4安打と振るわず、流れを取り戻すことができなかった。なお、左足を負傷したと思われる東浜投手だが、足をひきずるようにしてベンチへ退いており、状態が心配される。

  123456789 計
中 030000010 4
ソ 001000010 2

中 ロドリゲス-垣越建伸-○岡野祐一郎-S近藤廉
ソ ●東浜巨-松本裕樹-奥村政稔-板東湧梧-吉住晴斗

文・吉村穂乃香

関連リンク

4/2 ファイターズ対マリーンズ結果
4/2 イーグルス対バファローズ結果
4/2 ホークス対ライオンズ結果
【ファーム】4/2 ファイターズ対ベイスターズ結果
【ファーム】4/2 イーグルス対ジャイアンツ結果

関連チーム記事/TEAM