平井克典が6回無失点の好投! 森友哉の2ランで先制した埼玉西武がカード勝ち越し

2021.3.28(日) 16:00 パ・リーグ インサイト
3/28 ライオンズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
3/28 ライオンズ対バファローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月28日、メットライフドームで行われた埼玉西武とオリックスの第3回戦は、5対1で埼玉西武が勝利した。初回から森友哉選手の2ランで先制すると、先発・平井克典投手は6回無失点の好投。常にリードする展開で開幕カードを勝ち越した。

 埼玉西武は1回裏、1死から源田壮亮選手が二塁打で出塁。続く3番・森友哉選手が内角の球を捉えると、打球はライトスタンドに飛び込む2号2ランとなり2点の先制に成功する。初回から援護をもらった先発・平井克典投手は立ち上がりから毎回ピンチを招きながらも、得点は与えず。6回表には1死1、2塁としたが、後続を打ち取り6回6安打2四球5奪三振無失点でマウンドを降りた。

 追加点が欲しい打線だったが、オリックスの先発・山岡泰輔投手の前に2回以降はなかなか得点を挙げられず。しかし、6回裏に森選手が1死から四球で出塁すると、5番・外崎修汰選手も安打で2死2、3塁と好機を拡大。続く6番・中村剛也選手の適時打で2点を追加し、リードを4点に広げた。

 7回以降は継投策へ。7回表にギャレット投手紅林弘太郎選手にプロ初本塁打となる1号ソロを浴びたが、直後の7回裏には捕逸の間に1点を加えリードは変わらず。8回表は平良海馬投手が3者凡退に抑えると、4点リードで迎えた9回表は増田達至投手が無失点で締め、5対1で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、今季から先発に本格転向した平井投手が好投。「全体的に調子は良かったです。序盤は自分自身のリズムに乗り切れなかったのですが、そこを何とか無失点で粘れたのが大きかったです」と走者を出しながらも6回無失点に抑えた。打っては森選手が2ランで先制。源田選手、外崎選手もマルチ安打をマークした。

 一方敗れたオリックスは、先発の山岡投手が6回5安打2四死球7奪三振4失点。打線はモヤ選手ジョーンズ選手頓宮裕真選手ら中軸に安打が集まったが得点に結び付けられず。紅林選手のプロ初本塁打による1得点のみにとどまった。


  123456789 計
オ 000000100 1
西 20000210X 5

オ ●山岡泰輔-山田修義-富山凌雅
西 ○平井克典-ギャレット-平良海馬-増田達至

文・丹羽海凪

関連リンク

3/28 ホークス対マリーンズ結果
3/28 イーグルス対ファイターズ結果
【ファーム】3/28 ライオンズ対ベイスターズ結果
【ファーム】3/28 マリーンズ対イーグルス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM