サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

楽天・横尾俊建が移籍後初安打を放つも、打線がつながらず2連敗。先発・早川隆久は4回3失点

2021.3.7(日) 17:15 パ・リーグ インサイト
【2回0封】ドラ1ルーキー好投!早川隆久の投球まとめ【即戦力】(C)パーソル パ・リーグTV
【2回0封】ドラ1ルーキー好投!早川隆久の投球まとめ【即戦力】(C)パーソル パ・リーグTV

 3月7日、バンテリンドームで行われた中日と楽天のオープン戦は、2対3で楽天が敗れた。

 楽天の先発は、期待の新人・早川隆久投手。立ち上がりを中日打線に狙われ、1回、2回と続けてピンチを背負うと、2回裏に根尾昂選手の適時打を浴びて先制を許す。4回裏にも3連打で2失点を喫した早川投手は、4回8安打4奪三振無死四球3失点でマウンドを降りた。

 一方の打線は4回表、2死1、3塁のチャンスを作ると、横尾俊建選手が初球を引っ張り、打球はレフト方向へ。これが移籍後初安打初打点となり、一時逆転に成功する。打った横尾選手は「初球から打つ意識で打席に入りました。打てて良かったです。もっと打ってアピールしていきます」と笑顔で振り返った。

 1点を追う楽天は5回裏から継投に入ると、5回裏を渡邊佑樹投手、6回裏を松井裕樹投手と若手左腕2人が無安打無失点に抑える。続く7回裏も牧田和久投手、8回裏は菅原秀投手が無失点ピッチングを披露し、味方の援護を待った。

 リリーフ陣の好投になんとか応えたい打線だったが、相手リリーフ陣の前に抑え込まれ、反撃の糸口をつかめず。1点を追う最終9回表、無死1、2塁の好機を作ったものの後続が続かず試合終了。敗れた楽天は、先発・早川隆久投手が4回8安打3失点と振るわず。打線も精彩を欠き、課題が多く残った試合となった。

  123456789 計
楽 000200000 2
中 01020000X 3

楽 ●早川隆久-渡邊佑樹-松井裕樹-牧田和久-菅原秀
中 大野雄大-○岡野祐一郎-橋本侑樹-鈴木博志-福敬登-又吉克樹-S藤嶋健人

文・小野寺穂高

関連リンク

3/7 ファイターズ対ジャイアンツ結果
3/7 マリーンズ対ライオンズ結果
3/7 ベイスターズ対バファローズ結果
3/7 ホークス対タイガース結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM