嵐の如く過ぎた澤村拓一の「幕張剛腕伝説2020」。パ・リーグに来てくれてありがとう【注目動画】

2021.3.2(火) 20:30 パ・リーグ インサイト
澤村拓一投手(C)パーソル パ・リーグTV
澤村拓一投手(C)パーソル パ・リーグTV

 千葉ロッテの澤村拓一投手は日本時間の17日、海外フリーエージェント(FA)権を行使してボストン・レッドソックスに移籍することを正式に発表した。澤村投手は昨年9月8日に千葉ロッテに移籍してから22試合に登板し、0勝2敗13ホールド1セーブ、防御率1.71をマーク。チームが苦しんだ終盤にリリーフ陣の要となる活躍を見せ、「パーソル CS パ」進出に大きく貢献した。

「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルでは、「澤村拓一 『幕張豪腕伝説2020』《THE FEATURE PLAYER》」と題し、澤村選手を特集している。そこで今回はこの動画とともに、パ・リーグに確かに歴史を刻んでくれた澤村投手の活躍を振り返っていく。

衝撃のデビュー。背番号「106」のユニフォームと共に伝説は幕を開けた

 9月8日、日中に入団会見を終えたばかりの澤村投手は同日の北海道日本ハム戦に登板した。1点リードの6回表と、緊迫した場面でマウンドへ。ユニフォームが間に合わなかったため、福島明弘打撃投手の「106」番のユニフォームを着用するほど急な出番となったが、澤村投手は動じなかった。

 先頭の渡邉諒選手を空振り三振に打ち取ると、続くかつての巨人でのチームメイト・大田泰示選手に対してもボールを低めに集め空振り三振を奪う。圧巻の投球に球場中がざわつく中、ビヤヌエバ選手からも空振り三振を奪い、三者連続三振。パ・リーグファンに「澤村拓一」の名をとどろかせたデビュー戦となった(動画00:03~)

 この試合を「パーソル パ・リーグTV」の公式Youtubeチャンネルでも、「澤村拓一『名刺代わりの3者連続K』《THE FEATURE PLAYER》」として特集している。今一度衝撃のデビュー戦を振り返っていただきたい。その後も快投を続けた澤村投手は、移籍後8試合連続で無失点登板を達成。巨人時代には三軍も経験した苦労人が、新天地で文字通り”開花”した。

短期間でチームの精神的支柱にも。結果と背中で後輩たちへ示したものとは

 澤村投手は打者に対して真っ向勝負で挑み、雄叫びをあげるほど気迫を全面に押し出す投球スタイルが印象的だ。その情熱は選手やファンにも伝わっていたことだろう。そして入団してわずか数カ月にもかかわらず、澤村投手は千葉ロッテの精神的支柱となっていった。

 象徴的な一戦がある。千葉ロッテはシーズンも大詰め、「パーソル CS パ」進出へ向けて負けられない戦いが続いていた。10月29日の福岡ソフトバンク戦。8回に登板した澤村投手は1失点し、リードを1点に縮められていた。そして最終回、抑えの益田直也投手と田村龍弘選手がまさかのバッテリーミス。サヨナラ負けで首位・福岡ソフトバンクに痛恨の3連敗を喫した。

 試合後、責任を感じうずくまる田村龍弘選手の元に真っ先に駆け寄ったのは、澤村投手だった(動画07:32~)。自身の登板に対しても悔しい思いはあったに違いない。しかしチームや田村選手のためを思い、一番に田村選手の元に寄り添った澤村投手。精神的支柱として前に立ち、背中で見せる姿は多くの若手選手にも伝わったことだろう。実績だけではないところでも、澤村選手の存在はチームの「パーソル CS パ」進出に大きく貢献したと言える。

大切な一戦で先輩から受けたバトン。”燃えないワケがないでしょう”

 11月、千葉ロッテは2位・埼玉西武と一進一退の攻防を繰り広げていた。迎えた11月5日は福岡ソフトバンクとの一戦。この日の先発は、澤村投手の中央大学野球部時代の先輩でもある美馬学投手だった。試合は3対1で千葉ロッテが2点リードする8回表に、福岡ソフトバンクの反撃を受け2死2塁のピンチを迎える。そして打席には、代打・デスパイネ選手。一発が出れば試合は振り出しに戻ってしまう。

 ここで、井口資仁監督は澤村投手をマウンドへ送る。落とせない一戦で、かつてのチームメイトでもある美馬投手から受けるバトン。こんな最高の場面で澤村投手が燃えないわけがなかった。美馬投手が祈るように見つめる中、澤村投手は2球で追い込む。そしてカウント1-2からの4球目、152kmのスプリットを投じデスパイネ選手を空振り三振に抑えた(動画09:54~)

 三振を奪った澤村投手はベンチに戻り美馬投手とグータッチを交わすと、ようやく笑みがこぼれた。ここでリードを守り切ったロッテは、直後に追加点を挙げ勝利。2位・埼玉西武に食らいついた。「パーソル パ・リーグTV」の公式Youtubeチャンネルでは「【超力投】澤村拓一 “このマウンド”で『燃えないワケがないでしょう』」として、その一部始終をまとめている。さらにこの興奮を味わいたい方はぜひこちらもご覧いただきたい。

数カ月で評価を大きく変え、一気にメジャーの舞台へ。更なる進化に期待

 千葉ロッテでの活躍によってMLBのスカウトの評価も急上昇した。澤村投手自身もかねてより夢見ていたメジャーの舞台。千葉ロッテの球団側も海外FA権を行使することを認め、その交渉の行方は大きな注目を集めていた。そして日本時間の17日、ついにレッドソックスと契約合意したことを正式発表した。澤村投手の武器である力強いストレートと150kmを超えるスプリット(SFF)にさらに磨きをかけ、更なる進化を遂げることに期待したい。

 多くのファンを熱狂させ、多くの選手に背中で”強さ”を示した澤村投手。パ・リーグに在籍した期間はわずか数カ月だったが、背番号「57」が残したインパクトはとても大きなものだった。これからも澤村投手が”パ・リーグ”にいたことを誇りに思い応援したい。ありがとう、そしてこれからも頑張れ、澤村拓一投手。

文・小野寺穂高

関連リンク

レアです。「1」本塁打に詰まったドラマ
激レア「好守備の希少部位中の希少部位」
謎の魚は台湾でも人気!?その秘密とは
窮地の千葉ロッテを救った選手たち

関連チーム記事/TEAM