元千葉ロッテ・陳冠宇(チェン・グァンユウ)、CPBLドラフトに備え台湾社会人チームと契約。3月末にもリーグ戦登板へ

2021.2.25(木) 19:00 駒田英
元千葉ロッテ・陳冠宇(チェン・グァンユウ)投手 写真提供:中華職業棒球大連盟(CPBL)
元千葉ロッテ・陳冠宇(チェン・グァンユウ)投手 写真提供:中華職業棒球大連盟(CPBL)

安永鮮物と6ヶ月契約、先発として調整し、リーグ戦に登板へ

 1月14日、陳冠宇(チェン・グアンユウ)が、台湾社会人チームの強豪、安永鮮物に、6月末まで半年間の契約で入団に合意した。昨年12月、家庭の事情により千葉ロッテマリーンズを退団、台湾プロ野球(CPBL)入りを表明していた陳冠宇が、CPBLのドラフト会議までの期間、どのチームでプレーをするかについては高い関心が寄せられていた。陳冠宇の選択は、昨年の郭俊麟(元埼玉西武)のように、CPBLチームの春季キャンプに合流後、練習生契約を経て二軍でプレーする、というかたちではなく、アマチュアの強豪チームに入団、自分のペースで先発としての調整を行い、リーグ戦に登板しながらドラフトに備える、という形だった。

 安永鮮物は、半導体材料販売などを手掛ける崇越科技(TOPCO)のグループ企業で、安心、安全のこだわり食材を扱うスーパーマーケットのブランド名だ。崇越科技の野球チームは2011年に発足、2019年にチーム名を現在の「安永鮮物」に改めた。発足当初、プロ参入への意欲を示していた時期もあり、合作金庫、台湾電力といった古豪と肩を並べる台湾社会人チームの強豪チームといえる。チームには、現役復帰後に内野手へ転向、30代半ばとなった現在もアマ球界を代表する打者として活躍する元巨人の姜建銘、BCリーグの富山、福島などでプレーした右腕、高塩将樹らがおり、近年も、2019年に春のリーグ(全国成棒甲組春季聯賽)で、昨年は秋のカップ戦(協会盃)で優勝している。

 1月27日に行われた入団記者会見で、背番号「17」のユニフォームに袖を通した陳冠宇は、安永鮮物へ入団を決めた主な理由として、自分のペースで調整ができることに加え、崇越グループが新設したトレーニング施設の充実ぶりを挙げた。崇越グループが「台湾版フィッシャー・インスティチュート」を目指し、北部・新北市の台北大学内に開設したトレーニングセンターは、本格的なウエイトルームや200坪の室内練習場といった設備のほか、鳥取のトレーニング研究施設「ワールドウィング」の初動負荷トレーニングマシンも導入、器材導入に当たっては、スタッフがわざわざ来台し、隔離期間を経て組み立てを行ったという。
 
 大学、社会人チーム30チームあまりが参加するアマの春季リーグ(全国成棒甲組春季聯賽)は、今年は3月23日から5月末まで台湾各地で開催される。陳冠宇は、各チーム3人まで登録が認められている元プロ選手の1人として出場することになる。なお、陳冠宇はCPBL入り表明の時点から、先発投手として調整を行っていくことを明らかにしている。

どの球団が指名? 気になる所属先

 日本で実績のある陳冠宇が、なぜ社会人チームを経てからCPBLのチームに入団するのか、疑問に思われた方もいるだろう。これは、CPBLドラフト会議の開催時期、そしてルールが関係している。CPBLでは以前、オフシーズンにドラフト会議が行われてきたが、義務兵役の廃止をきっかけに、毎年6月に卒業する高校生の国内引き止めも考慮し、2013年の6月、初めて高校生のみを対象とした高校生ドラフトが行われた。この時は11月に一般ドラフトも行われたが、翌年以降は、シーズン中の6月末ないし7月初旬に、一括して行われるようになった。

 また、過去の特例についての説明はここでは省くが、海外のプロリーグでプレー経験がある選手も、基本的にCPBLのドラフト会議にかかるルールとなっている。そのため、これまでも前年のオフに海外チームを退団した選手が、ドラフト会議までの約半年間、調整やプレーの場を求め、台湾のプロ、アマチームや、日本の独立リーグと契約するケースがみられた。

 CPBLのドラフト会議は完全ウェーバー制で、前年の下位チームから独占的に指名権が与えられる。今年の指名順は、昨季、年間最下位の富邦ガーディアンズ、楽天モンキーズ、中信兄弟、そして、台湾シリーズ優勝の統一7-11ライオンズ、さらに、今年から一軍に参入するため、くじ引きで指名順を決め5番目となった味全ドラゴンズ、という順である。

  新型コロナウイルスの影響もあり、現在、海外でプレーしていた多くの台湾代表クラスの選手が自由契約となっているが、2月25日、各チームの指名方針ならびに陳冠宇の未来の所属先を左右する大きなニュースが入った。富邦が、プレミア12代表右腕、江少慶と「自行培訓(練習生に相当)」契約を結び、ドラフト会議でも指名する事を明らかにしたのだ。報道によると、富邦は昨年12月初旬、「いの一番」の指名権を獲得後、江少慶側に接触、その時点で日米9球団からオファーを受けていたという江少慶だったが、CPBL史上最高額の契約金を確約するという富邦側の「誠意」を受け、富邦入りを決意したという。富邦の江少慶指名が事実上決定した今、陳冠宇は、指名順位2位の楽天以降のいずれかのチームでプレーすることが濃厚となった。

 ちなみに、江少慶のCPBL入りが明らかになる前は、陳冠宇が「状元(「科挙」の試験の首席合格者になぞらえ、ドラフト1巡目1位指名選手をこう呼ぶ)」となる可能性は高いと見られており、陳冠宇が日本時代によく食事に誘ったという郭俊麟と、富邦でチームメイトになる可能性も取りざたされていた。ただ、陳冠宇は「特にどこのチームでなければ、というこだわりはない。どのチームにも仲のいい選手はいる」と述べており、自分自分がしっかり調整することこそ重要だ、と気を引き締めている。

写真提供:中華職業棒球大連盟(CPBL)
写真提供:中華職業棒球大連盟(CPBL)

五輪最終予選出場の可能性は大

 6チームが、残りの出場枠1枠をかけて争う東京五輪最終予選は、ドラフト会議の前、6月16日から台湾で開催される予定となっている。陳冠宇は1月27日に行われた安永鮮物の入団記者会見で、この最終予選への出場について問われ、「チームと相談してから」と、即答は避けたものの、会見に立ち会った関係者は「全力で応援する」とGOサインを出した。春季リーグでの調整が順調であれば、出場する可能性は高そうだ。

写真提供:中華職業棒球大連盟(CPBL)
写真提供:中華職業棒球大連盟(CPBL)

陳冠宇の台湾球界復帰、CPBL入りの意義

 昨年12月、陳冠宇が、2歳の娘さんら家族のために台湾への帰国を決めた、という一報を聞いた時、彼らしいその決断を理解し、応援しつつも、同時に、マリーンズのユニフォーム姿が見られなくなることに寂しさを感じたのは私だけではないだろう。

 陳冠宇自身も、マネージメント会社や家族と相談し、熟考した末の決断だったといい、退団発表直後には、活躍の機会を与えてくれたマリーンズに改めて感謝の言葉を述べた。

 一方で、台湾球界、そしてCPBLにとっては、実働7年、NPBの一軍で、先発28試合含め136試合に登板した実績をもつ陳冠宇の帰国は、明るいニュースだ。短期間とはいえチームメイトとなる安永鮮物の選手含め、特に台湾の若い投手にとって、いいお手本となることは間違いない。また、左の好投手が国内に少ないなか、このレベルの投手と頻繁に対戦できることは、打者にとってもプラスとなるだろう。

 そんな陳冠宇がこのオフ、事あるごとに嬉しそうに語っていたのが、昨季、マリーンズで短期間チームメイトになったチェン・ウェイン(阪神)から貴重なアドバイスをもらった、という話だ。シーズン中から、チェン・ウェインに色々と質問していたという陳冠宇は、このオフも合同自主トレを行い、トレーニングメニューのほか、技術面や精神面についてもさまざまなアドバイスをもらったという。そして、特にフォームに関するアドバイスについては、動画を録画し復習しているという。「憧れのウェイン先輩という目標に向かって突き進んでいきたい」と語る陳冠宇、ドラフト一巡目の指名が確約されている中にあっても、決して奢ることなく、さらに高みを目指そうとする姿勢は、CPBLの選手達にとっても、いい刺激となるはずだ。

 即戦力の陳冠宇は、ドラフト指名後すぐに契約がまとまり、一軍デビューする可能性が高い。その際のコンディションにもよるが、早ければ7月中にもCPBLの一軍でプレーする姿が見られるかもしれない。なお、CPBLの試合は、日本からも「CPBLTV」などオンラインで視聴が可能だ。もちろん、日台の自由な往来が解禁されたあかつきには、ぜひ球場を訪れ、直接、声援を送って欲しいと思う。「ドレスコード」がゆるい台湾では、千葉ロッテマリーンズや横浜DeNAベイスターズのユニフォームで球場を訪れ、陳冠宇を応援しても全く問題はない。日本からかけつけたファンの姿をみつけたら、きっと最高の「チェン・スマイル」をみせてくれることだろう。

文・駒田 英
※2月26日追記

CPBL関連記事

台湾プロ野球が「世界最速開幕」
台湾シリーズは統一が7年ぶり優勝
台湾プロ野球は2021年から一軍5球団へ

関連チーム記事/TEAM