和田毅が5回2失点の好投。最後はサファテが締め福岡ソフトバンクが勝利

2020.3.11(水) 21:05 パ・リーグ インサイト
3/11 ホークス対ジャイアンツ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
3/11 ホークス対ジャイアンツ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月11日、福岡PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと巨人のオープン戦は、6対3で福岡ソフトバンクが勝利。巨人相手に連勝を飾った。

 福岡ソフトバンクは3回裏に釜元豪選手、佐藤直樹選手の連打で好機を作ると、巨人先発・桜井俊貴投手の暴投の間に1点を先制。続く4回表に岡本和真選手に逆転2ランを浴びたが、4回裏に打線がつながった。

 バレンティン選手の四球、松田宣浩選手の安打で1死1,3塁から甲斐拓也選手の適時打で同点に追い付くと、暴投の間に勝ち越し。さらに2四球で満塁とすると、牧原大成選手の犠飛で1点を追加。4対2とすぐさま試合をひっくり返した。

 リードする福岡ソフトバンクは、先発の和田毅投手が5回55球2安打3奪三振2失点の好投を披露。7回表に丸佳浩選手のソロで1点を返されたが、7回裏に九鬼隆平選手の適時打で2点を追加。以降は泉圭輔投手、サファテ投手の継投で締め、6対3で試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の和田毅投手が好投を見せ、失点は全て本塁打によるものと巨人打線に的を絞らせなかった。打線では高田知季選手がマルチ安打を記録するなど、8安打で6得点を挙げた。

  123456789 計
巨 000200100 3
ソ 00130020X 6

巨 ●桜井俊貴-沼田翔平-高木京介-澤村拓一-鍵谷陽平
ソ ○和田毅-尾形崇斗-高橋純平-泉圭輔-Sサファテ

文・東海林諒平

◇「3月オープン戦期間限定 無料視聴キャンペーン」実施中!無観客試合の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

試合関連記事

3/11 イーグルス対ライオンズ結果
3/11 マリーンズ対ファイターズ結果
3/11 バファローズ対ドラゴンズ結果

関連チーム記事/TEAM