サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

【ファーム】投打で育成選手が活躍! 福岡ソフトバンクがオリックスに快勝

2019.7.9(火) 16:38 パ・リーグ インサイト
【ファーム】プロ初登板のホークス・重田が無失点に抑える‼ 2019/7/9 B-H(ファーム)
【ファーム】プロ初登板のホークス・重田が無失点に抑える‼ 2019/7/9 B-H(ファーム)

 7月9日、オセアンバファローズスタジアム舞洲で行われたウエスタン・リーグ公式戦、オリックス対福岡ソフトバンクの17回戦は、福岡ソフトバンクが8対4でオリックスに快勝。田城飛翔選手が3安打2打点と活躍した。

 福岡ソフトバンクは初回、1番・真砂勇介の二塁打などで2死3塁とすると、オリックスのバッテリーエラーの間に真砂選手が先制のホームイン。ところが、その裏、福岡ソフトバンク先発・古谷優人投手が不安定な立ち上がりになってしまった。1死から連続四球を与えると、適時失策で同点に。なおも2死3塁の場面で、5番・松井佑介選手が犠飛を打ち上げ、オリックスがすぐさま逆転する。

 1点ビハインドの福岡ソフトバンクは4回裏、先頭の西田哲朗選手、長谷川勇也選手の連打でチャンスを作ると、田城飛翔選手が同点の適時打。その後、相手バッテリーのエラーなどで2死2,3塁とすると、市川友也選手がピッチャー強襲の内野安打。打球が転々とする間に2者生還し、福岡ソフトバンクが4対2と試合をひっくり返した。

 リードする福岡ソフトバンクは攻撃の手を緩めなかった。5回表、三森大貴選手と途中出場の美間優槻選手の連打などで2死1,2塁とし、5番・江川智晃選手から3者連続で適時打が飛び出し、この回4点を追加。8対2と突き放す。

 投げては、4回から登板の2番手・笠原大芽投手が5イニング2失点と試合を作る。4点リードで迎えた9回裏、育成ルーキーの重田倫明投手がファーム公式戦初登板。2四球は与えたもの、併殺に打ち取るなど無失点で試合を締めた。

  123456789 計
ソ 100340000 8
オ 200000020 4

ソ 古谷優人-○笠原大芽-重田倫明
オ ●吉田一将-神戸文也-齋藤綱記-小林慶祐

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM